公務員,会社員の味方

元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意

ビジネスで成功しても全てを失う人が多い それは不労所得がないから


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです

現在は、投資とビジネスで年収4000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。

今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収500万円お金を増やせる仕組みを作らせています 間もなく実現できそうです

ビジネスで成功しても全てを失う人が多い それは不労所得がないから

私の周りに年収5億円を超える社長などがいるのですが、その一人が、取引相手からのお金を回収できずに困っているようです。

その額1億円。年商5億円の企業ですから、かなりの痛手です。

その取引先の会社は倒産してしまったので。債権が回収できなくなってしまったようです。

その他に、年商50億円を稼いでいた社長が事故で仕事が出来なくなり、事業の継続が出来なくなるということがあったようです。

その他、有名な方で、与沢翼さんが2度破産しています。一度目はアパレル、二度目はネットビジネスで120億円をかせぎながらも倒産しているのです。

そうなんです、全てこれらの会社の社長は、得意な分野で稼いで入るのですが、全てが順調なのが大前提で事業をしているため、どんなに年商が100億円あっても、お金を増やす方法、減らさない方法をしていないためにことごとく倒産しています。

私から見ると、本当に分かってないなとか、倒産するのは当たり前に見えます。

ビジネスのやり方については私は彼らには及ばないでしょう。なぜなら私はお金を稼ぐことが苦手なのですから。

ですが、彼らと違って私には強みがあります。

それは一旦増やしたお金を減らさないことが出来るのです。それどころかより何倍にも増やすことが出来てしまうのです。

私がやっている方法は大金持ちの人が行っているのと同じですし、世界の投資家、大企業のソフトバンクの孫正義氏も行っている、「投資」それも、企業投資、企業買収、不動産投資、株式投資を行っているだけなのです。

人間はうまくいってしまうと、そのままうまくいくと勘違いするのですが、必ずうまくいかなくなります。

だから新しく会社が立ち上がっても10年もつのが5%しかいないのはそのせいです。

よく会社が傾いてきたので、新しい商品を急いで作らないととか言っている会社がありますが、それって間違ってます。

会社は事業なのですからギャンブルのようなことをやっている企業が多すぎます。

収入がものすごく多くても、支出がものすごく多いのでは意味がないことが分っていない

収入がものすごく多いのに倒産している会社が多いのですが、その多くは支出がものすごく多いからです。分かり易い例があります。それはテレビショッピングです。

テレビショッピングの場合、ダイソンのようなものすごく売れる掃除機の場合は1日に5億円以上売れてしまい、在庫もほとんどないので儲かるのですが、1日に1億円売れるほう品の場合、それだけで売っている会社は結構倒産しています。

なぜなら、売り上げは1億円あっても、売れなかった在庫が倉庫代として毎月何千万円もかかりそれが払えなくなり、倒産しています。

これって、小学生でも分かるはずです。1-2=-1ですから倒産です。

何を考えているのでしょうか?この原因は、自己破産の制度にあると思います。自己破産が簡単にできてしまうからこんなことが起きるのでしょう。

私も4か月限定で実店舗を出してみて、なぜ実店舗で商売がうまくいかないのかを検証してみたことがあります。

その中で、支出である家賃がものすごく重たく感じました。たった20万円なのですが、月に50万円売り上げて、20万円引かれれば30万円しか残りません。

この無駄なマイナスがとても気になりました。それに、家賃20万円を払わない状態、つまり店をやめれば、支出が20万円減るので、毎月20万円稼いでいるのと一緒なのです。

この考えは公務員としての給料で生活していた感覚からくる影響が大きいと思いますが、何れにしてもこれを大きく上回らないと店を継続するのが難しい感じもしました。

この感覚が、会社のオーナーの感覚なのでしょう。うまくいっている月は120万円儲かりますが、でも、永遠と大変な作業を続ける必要もあるのです。

そして、ふと見上げると、家賃で毎月20万円をてにいれているショッピングセンターのほうが賢いです。

既に私は不動産投資をしていたので、貸すだけでお金が入ってくる流れがとても大切なのが分っていたので、こんなに借りている側と、貸している側では感覚が違うのが分かりました。

会社の場合高いオフィスを借りていますが、私はますます、貸す側の人間になりたいと思ったのでした。

ビジネスは波があるのは当たり前ではない 波のない物、不況に強い物から始めればうまくいかないわけがないのです

私が投資などで学び始めた時期がリーマンショックのころで、世界中が落ちこんでいた時です。

そのため、投資やビジネスのド素人の私でもどうすれば生き残れるのか、不況にも強いビジネスって何なのか、景気の動向に関係なく儲かるものは何なのかがとても分かり易い時期でした。

そんな景気の悪い時期にうまくいけば、絶対に失敗しません。そこで始めたのが不動産投資でした。

不動産投資は不況や、インフレにとても強いです。インフレで言えば、インフレが進み、お金の価値が下がると、家賃を連動して上げることが出来ます。

また、土地の価格、アパートの価格も上がるのでインフレや不況に強いのです。

不動産投資の凄さのわかってない、ファイナンシャルプランナーや会計士、税理士、証券マンなどは不動産は手堅いけど流動性が少なく、あまり儲からないようなことを言いますが、それは間違っています。

流動性が低いというのは間違いではないかもしれませんが、全くではないのです、少なくとも数か月でお金になるのです。またそれも100万円や1000万円単位でです。

株やFX、仮想通貨をコチョコチョ売ったり買ったりのトレードより儲かるのです。

欲張って高く売ろうとするから流動性が悪くなるだけです。そこそこの値段で連続して売っていくことを目指せばいいだけの話です。

私が手堅いのは、支出が少ないからです。会社を興すという考えの中で、一番考えるべきは収入ですが、それと合わせて支出を考える必要があります。

多くの社長たちは収入がものすごく大きいなら、支出も大きくてもかまわないと考えます。

それはそれでいいのですが、確実に入ってくる不動産投資には全く目を向けません。私は逆に、儲かった利益を早急に不動産に移し替えることに力を入れます。

支出が大きければ、収入がどんなに増えようとも不安定です。こんなやり方では会社は潰れるのは当たり前で、社員もかわいそうです。

私が会社経営する人に不動産を勧めるのは、自分がものすごく安定しているからです。

もし、1億円の現金を持っているなら、アパートを一棟現金で買ってもいいのです。

一億円のアパートの場合、毎月40万円以上は家賃収入となるでしょう。ですが、私の場合現金1億円あったら、銀行から1億円の融資を受けてその融資を受けたお金でアパートを買い、自分の1億円を使いません。

頭金も入れません。その一億円を持ったまま、次の投資に回していきます。これが不動産投資のレバレッジです。他にはなかなかない優位性です。

なので、銀行からの融資は、お金持ちになれる高速エレベーターとよんでいるのです。

まとめ

● 会社の社長で多い、うまくいく商売が見つかり儲けて、すぐに消えていくのは、不動産投資が出来ていないからです。倒産件数が多いのは当たり前なのです。

● 会社も結局投資です。投資をし続けて儲けていくものですが、うまく出来ないのは投資が分っていないからです。私は不動産投資が得意なので、絶対に会社は潰れません。会社を永続させるには、会社が儲かるには、投資が一番最適だと考えています。

● 会社が永続的に続くには、不動産投資と株だと思っています。株でも、売買をするトレードではなく、持ち続けて配当だけで儲けるのです。なので、1億円以上は要るでしょう。

あなたが成功するために必要だと思う最新情報をメルマガで提供してます

このサイト右上にあるMENUから「メルマガ登録」し、そのメルマガから私が公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円にし、2019年11月現在、年収4000万円にした「不動産投資情報」私の主催するコミュニティメンバーが成功している「仮想通貨」「FX」などでお金を増やす情報。私がどんどん収入を増やせている理由「お金を増やすための思考」を受け取れます

公務員が「儲かるアパート」を選び,年収2000万円と成功した実例

土地、建物で「売れずに困った」を「解決」できる不動産会社があった


検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆