公務員の時「1億円」増やした私が「お金の増やし方」をお教えします

行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE

相続税の問題では土地の問題が多い。特に共有地は注意


私自身も、回も相続を経験した、相続税の問題が得意な行政書士で投資家の天野ひろしです。

「相続税」対策って、やってみると難しいです。私も、父母、祖父母の相続を合計回経験してきているので、共感します。今回は、私以外の相続の対処をされた方が、どう考えて、どうやって相続に対処していったかを話してもらいました。

祖父の相続について

我が家はいわゆるマスオさんの家庭でした。祖父母の一人娘であるわたしの母親とわたしの父親が結婚しました。本来は祖父母としては養子に入ってもらいたかったのですが、父親が名字だけは変えないという強い意思があったため、マスオさん家庭になった次第です。

別に家族間でなんら問題もなかったのですが、やはり相続に関しては戸籍上の問題もあっていろいろな問題が発生してきました。

「農地」、「自営の鉄工所」、「共有地」、「株式」、「自宅」

そこには昔から地主であった祖父、さらには自分で「鉄工所」を営んでいたための固定資産、さらには「農地」、さらに言えば、昔から所有していた「株式」や友人たちと共有していた「土地」などというもろもろの問題があったからです。

一旦、相続時には祖母に渡り、そこから母親へとの相続には分かっていたのですが、 実質、祖父が営んでいた鉄工所以外は父親が母親よりも理解していたので早めに「相続税対策」で動くことにしたのです。

まずは「鉄工所」です。こちらはもともと後継もいなかったので機器を関係者に売却、さらには法人化も行っていなかったので何も問題なく、鉄工所ごと畳んで、祖母が住みやすい離れに改築することができました。

次に「農地」です。こちらは継続して兼業農家として利用するに当たって、父親の名義に農地を変更するのか、または祖父の名前を引き継いで母親の性にするのか迷いましたが、地元のJA(農協)に相談して母親の名義にしました。ここで一旦、祖母の名義にしてもさらに数年後には同じような農地の相続が発生することを考えると母親にしておいて方が得策だったということになります。

次に「預貯金」です。こちらはすんなり、祖母と母親に相続することになります。幸いなことに母親が1人娘だったのでまったく相続にあたっての課題などは発生しませんでした。それよりも課題になたのは祖父が若い頃から友人たちと「共有の山林」、そしていつ購入していたかわからない「株式」の整理です。

正直、いずれ祖母が知らないところで景気がいい時に購入して塩漬け状態のまま証券会社に預けておいたものらしく、あとあと、祖父の荷物を整理しているうちに証券、そして土地の権利書などが出てきて発覚したものです。

まず、「土地」に関してです。共同購入していたお仲間の皆様も既に亡くなっていて、運よく近所の方ばかりだったので亡くなったかたの子供達にお声がけして、どうするか相談しました。実際にはかなり田舎の山林で将来的にもさほど期待できないということで、税理士に相談して税金の分配方法、一旦相続するにあたっての相続税も相談して決めてもらいました。

そして、「株式」についてです。こちらも税前にどのように処分するか決めておけば問題なかったと思いますが、祖父本人も株式を所有していることをなくなるまで全く意識していなかったと思います。ですから、一旦、こちらは税理士さんに相談して祖母の名義に書き換えることにして、税金も支払って処理を行うことにしました。

いったん、ここまでで相続に関するほぼ全てが終わったと思っていたのですが、もう一つ最も大きな相続。それは「一軒家」です。マスオさん家庭でなければ全く問題もなかったのですが。 実質近所とのおつきあいも含めて、父親が仕切って行くことになって行くことはわかっていたのですが、ここは名義を民法の関係からも祖母か母親にせざるを得ないということもあって、農地と同じ考え方にしました。

今では、祖母もくなって、全てが母親の名義になっています。私もいまは実家と離れて暮らしていますが、両親も農地や株式、家屋などいかにスムーズに相続することが可能かを生前相続も含めて真剣に考えてくれています。そこにはありがたいことに孫への「教育資金援助」も含まれていることが大きなポイントだといえるのかもしれません。

まとめ

● 土地、不動産などの共有は、相続の際に分けにくく、トラブルになりやすいので避ける。

● 生前時に、所有している資産を全て、把握しておく。

● 「教育資金援助」は、専用口座を作り、教育資金以外では使えない。また、余ってしまっても、教育以外では使えないので、余った分は最終、課税の対象となるので、注意。

私のこのサイト右上にあるMENUからメルマガ登録」し、そのメルマガから2019年6月現在、私が毎日4万9千円、月に直すと147万円お金を手にしている「仮想通貨を使った投資情報」、年収3000万円にした「不動産投資物件情報」、私が実際に毎月30万円稼げるようになったビジネス情報、「お金持ちになるための思考」など「一流の情報」を受け取れます。

2018年にはこのメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、2億円にしたかたもいらっしゃいます。2019年では、私の主催するコミュニティのメンバー全員がお金を毎日増やし、私やメンバーの2人が、300万円投資しただけで、2019年5月現在で、既に7か月以上毎月150万円お金を増やし続けている情報の、経過と結果を公表しています。

そのような月利10%、20%のものが現在4種類まで増えました。年利ではなくて月利です。私は、公務員の時には見つけることが出来ませんでしたが、大金を支払ってお金持ちの先生達に情報をいただけるようになった今ではできるようになりました。私の「メルマガ」でお伝えするのは私が常にお金持ちのかたからもらっている、私達がお金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を常にお金持ちの先生達から手に入れ続けているからだけなのです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にし、実践すれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れないと言われた田んぼ畑などの土地、建物、ボロボロのアパートを売る答えを見つけた」相続問題が専門の行政書士の私がお答えいたします

スポンサーリンク




  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆