公務員,会社員の味方

元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意

みんな間違う「資本主義」はゼロサム「多くが損するから儲かる」


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。

今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収500万円お金を増やせる仕組みを作らせています 間もなく実現できそうです

お金持ちの人たちがお金を儲けられるのには秘密があります。それは資本主義の原則「ゼロサムゲーム」に基づいて勝者の行動をしているからです。

私は、この「ゼロサムゲーム」の勝者についてまとめようと思い、「ゼロサムゲーム」の意味をネットで調べてみたところ、語源は書かれているけれど、お金持ちの人が使う「ゼロサムゲーム」の本当の意味が書かれていないことに気づきました。

これは、お金持ちになれるか、なれないかの大きな差になる重要なことです。今回はこのお金持ちがお金持ちである理由「ゼロサムゲーム」について本当の意味を知ってほしいと思います。これを知って、行動すればあなたも変わるはずです。

お金持ちが使う「ゼロサムゲーム」とは、多くの人が負けてくれるからお金持ちが勝てるというのが「ゼロサムゲーム」の本当の意味です

辞書や、ネットでは「ゼロサムゲーム」のことを、「勝者、敗者がいて、結局プラスマイナス0になる」という意味で書かれています。

意味としてはこれで正しいのですが、お金持ちになるための「ゼロサムゲーム」ということにおいてはこれでは、説明不足です。

お金持ちの人の使う「ゼロサムゲーム」とは、「多くの人が負けてくれるからお金持ちが勝てる」という意味で使っているのです。

なので、お金持ちの人の中には積極的に多くの人が負けるように仕向けている人たちがいます。それが権力者という人たちです。

みんな間違う資本主義はゼロサム。多くが損するから儲かる【原発、電力会社の権益のゼロサムゲーム】

権力者のもうけ話の例でいうと、電力会社の原発もその一つです。

少ないお金を握らせて、原発を建てさせて、更には従業員として原発を建設した地域の人を働かせているのです。これも「ゼロサムゲーム」です。

その原発を建設させた会社は絶対に、原発にそばにはいません。なぜなら危ないと思っているからです。ひどい話です。

東北の地震においても、謝罪、金銭保証はするものの保険などで片付けてしまっています。

ですが、電力会社のお金を儲けている人の権益をはく奪するようなことにはなっていません。おかしいですよね。ですがこれが、電力会社の権益という「ゼロサムゲーム」なのです。

東北地震の時の、問題の電力会社は「東京電力」ですが、全国にある電力会社も同じことです。この時、東電の株は大きく暴落することになりましたが、倒産には至りませんでした。

それはなぜかというと、関東では「東電」以外に電力を安定的に供給できる会社がいないからです。

そこまで、権益が浸透して、いないと困るという会社にしてしまえば、悪い行動をしても助かってしまうという「ゼロサムゲーム」の実例です。

東京電力の株を購入していた人たちも同罪です。株主がお金を供給しなければあそこまで被害は拡大することが無かったかもしれません。

それは分かりませんが、何にしろ、原発が爆発し、その地域で生活が出来なくなったのは事実です。

私が少し思うのが、株式会社にして、株を上場することなく東電はやっていけるはずなのに、わざわざ株を上場しているのは、資金調達というよりは、東電に対して味方意識を株主に植え付けようとする意味合いのほうが大きいのではないかと感じています。

それがうまくいって、誰も東電を潰してしまえとは考えない要因の一つになっているように感じるのは私だけでしょうか?

みんな間違う資本主義はゼロサム。多くが損するから儲かる【銀行、保険会社、証券会社のゼロサムゲーム】

その他元財閥系の銀行も行員は儲かる商品を受け取らせ、預金者には儲からない商品を提供していることにも「ゼロサムゲーム」が見えてきます。

大手の財閥系の銀行で売られている金融商品はほとんど購入者が儲かるようなものを売ってません。

なぜなら、そういった儲かる商品には数が限りがあるので、一般に売るほどは数量が無いからです。そのため、その銀行の中だけで売られて終わっているのです。

ですから、現在、日本の大手の銀行、保険会社、証券会社などが売っている金融商品は、海外の儲かる金融商品と比べると見劣りというレベルではなく、買う意味がないものが多いのに気づかされます。これも金融商品の「ゼロサムゲーム」だということです。

例えば、私が手に入れる海外の金融商品は、元本を、その販売している会社のある国が90%保証してくれる上に、年利10%以上で、リーマンショックの時に50%以上損を出している商品が多い中、20%程度ですぐに回復し、更に複利で増やすことが出来、2年経てば途中で入出金がOKなのです。

そんな商品日本のどこを探してもありません。それぐらい違うのです。

みんな間違う資本主義はゼロサム。多くが損するから儲かる【不動産投資のゼロサムゲーム】

不動産投資」も同じです。不動産投資家が購入するアパートのお金は誰のお金かというと、銀行への預金者の方のお金です。それも、わずかの年金や大切に貯めてきたお金です。

そういった人にはものすごく安い金利、年利0.0001%で預金させておいて、一方では不動産投資家に1.0%~4.5%などで貸し、その金利で利益を得ているのです。また投資家とすれば、購入した土地。、マンションなどは返済が済めば、投資家のものとなります。

それも投資家本人はお金をほとんど払わずに手に入れられてしまうのです。それが不動産投資の「ゼロサムゲーム」です。

みんな間違う資本主義はゼロサム。多くが損するから儲かる【ゼロサムゲームの敗者から勝者になる方法は、公務員、会社員のあなたにはある】

ゼロサムゲームで勝者になるにはどうすればいいか分かったものの、電力会社を設立するような資金も権益もないですし、銀行、証券会社、保険会社のような大金もありません。

ですが、公務員、会社員の場合はこれらの中で、唯一「不動産投資」は出来ます。

ですから、多くの不動産投資をしている人はこの事実に気づき公務員投資家や会社員投資家となっているのです。

お金持ちのランキングでも、芸能人、スポーツ選手、医者や、弁護士を抑えて、公務員投資家や会社員投資家といった、サラリーマン投資家一番儲けているのはご存じだったでしょうか?

私は2018年になって初めて知ったのですが、やはり勝ち組になる方法はあるのです。

サラリーマン投資家は何をしてお金持ちになっているのかというと、

「株式投資」「FX」「仮想通貨」「企業投資」「不動産投資」です。この組み合わせ以外はほとんどありません。

それなら、あなたも知ってるよとお思いになると思いますが、結局それを確実にお金を増やす方法を実践しているかどうかだけの差なのです。

株式投資FX。我流ではなく先生に聞けば勝てるようになります

例えば「株式投資」「FX」の場合、多くの方は本やネットで少しやり方を覚えただけで、我流でいきなり投資しようとしますが、儲かる株式投資の方法ではないので、儲かったり、損したりで結局儲けることが出来ていないのです。

ですが、私も「株式投資」のトレーニングを東京にある「副業アカデミー」で、先生の言った通りに実際に訓練してみて分かったのですが、勝率を上げさえすれば儲かるようになるということが分ってきたのです。

なので、大きく株で儲けることもできました。必ずうまく儲けることが出来ている人がいますので、その人を見つけて教えてもらうのがお金持ちへの近道です。

仮想通貨も先生に聞けばいいのです。

「仮想通貨」については、私の知人で沢井さんというかたは、値段が上がる仮想通貨を教えてもらっただけで、それを50万円分購入しただけで、4億円に増やせたのです。

「仮想通貨」で一番重要なのは、仮想通貨をだれから買うかということや、信用のおける情報を与えてくれる人を見つけることが出来るかにかかっています。それだけでほぼお金持ちになるのは確定します。

次に大事なのが、仮想通貨は上場したらすぐに何十倍、何百倍にならないので、上場してから最低2年以上もつことが出来るかでお金持ちになれるかなれないかも違ってきます。

あの、ビットコインも上場してから200万倍になるまでに8年かかっているのです。ですが、最近は仮想通貨の認知度が高くなってきたので、価格の上昇がそこまで長くはかかりません。

ですが、仮想通貨の内容を知れば、長く持っていたほうが値段が上がるのは分かるのです。

社会の発展につながる仮想通貨を買うからこそ、儲かるというのが最近の仮想通貨を買う意味になっています。

ですから、そういったことが感じられない仮想通貨は購入すべきではないのです。

みんな間違う資本主義はゼロサム。多くが損するから儲かる【不動産投資はお金持ちの高速エレベーターの「融資」が使える】

不動産投資は、公務員や会社員の場合、自分がお金をほとんど出さずに1億円のアパートが購入できてしまうというレバレッジ効果が高いのと、先ほど説明した「ゼロサムゲーム」の典型だと思います。

人のお金でアパートを購入し、入居者である他人に家賃を払ってもらい、銀行の返済や自分の収入にできてしまう。お金持ちになる仕組みになっているのが「不動産投資」なのです。

年収が少なく、預貯金が少ない場合は、私は「株式投資」「FX」「仮想通貨」「ネットビジネス」「企業投資」で収入を増やしていき、十分な資金をつくったうえで、お金を払わず持ったまま銀行から融資してもらい「不動産投資」をするのがいいと考えます。

何でもそうですが、無理してやってもうまくはいきません

「不動産投資」の場合、銀行からの融資を受けられますので、自分で現金はほとんど払わなくてもいいのです。

毎月の収入が、銀行の金利が高いため、頭金を多く入れることでかなり下がるなら、入れてもいいのでしょうが、できるだけお金は持ったままで、金利を下げてもらいアパート収入を上げていくのがいいです。

融資が怖いというのなら、2500万円程度の4室、小型のアパートに現金を多めに入れて毎月の収入が多い状態でやるといいと思います。

「不動産投資」も信用できる不動産会社がいてこそ、儲けることが出来ますので、儲かる不動産投資物件を売ってくれる不動産会社を見つけることが特に重要になってきます。

儲かる不動産投資物件を売ってくれる不動産会社で買えれば、安くアパートを買えるので、利益が多く発生するのは当たり前なのです。

多くの不動産投資を失敗している人たちは、営業マンの口車に乗ってアパートを高く買ってしまっているのです。

大手の不動産会社の営業魔の言う「この物件今なら買えますが、他のお客さんも多く購入しようと検討されていますので、来週には売れてしまいます」というトークには十分気を付けてください。

あなたが成功するために必要だと思う最新情報をメルマガで提供してます

 このサイト右上にあるMENUから「メルマガ登録」し、そのメルマガから私が公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円にし、2019年11月現在、年収4000万円にした「不動産投資情報」私の主催するコミュニティメンバーが成功している「仮想通貨」「FX」などでお金を増やす情報。私がどんどん収入を増やせている理由「お金を増やすための思考」を受け取れます

公務員が「儲かるアパート」を選び,年収2000万円と成功した実例

土地、建物で「売れずに困った」を「解決」できる不動産会社があった


検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆