公務員,会社員の味方

元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意

住宅ローンを退職金で返済は危険「老後生活できなくなります」


公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。

今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収500万円お金を増やせる仕組みを作らせています 間もなく実現できそうです

住宅ローンで「退職金で完済」させる計画をしている方は、注意してください。

定年後に住宅ローンを退職金で完済すればいいというのは、「退職金以外に預貯金などが3千万円以上、お金がある方のことであって、預貯金が1000万円程度しかない人には向かない」という事実です。このことはご存じだったでしょうか?

あなたの人生で最初で最後の大金が「退職金」です 退職金を住宅ローンの返済に使ったら、年金生活では二度と増やすことは出来ません

あなたの人生において、まとまって入ってくる最初で最後の大金が「退職金」です。

これ以降は1000万円単位のお金は二度と入ってくることはありませんし、公務員や会社員で現役の時のような1000万円近くの給料は、年金生活になると、絶対に入ってくることはありません。

年金だけでは生活費が足りなくなるのです。

なぜなら、年金生活になると、日本における年間の給与所得400万円を遥かに下回る、300万円しかもらえないのです。

一度退職金を減らしてしまうと、二度ともとに戻すことは出来ないでしょう。

それだけに、安易に退職金で住宅ローンを返済するなどと考えないようにしてください。

幸せな老後の生活を送るために絶対に守ってほしいことです。

あなたが定年後お金が沢山必要になる時期があります。それは75歳以上の高齢者になってからです。

75歳になると、あなたや奥さんは病気をしたり、介護が必要になった来ることが多くなります。

また、高麗者になると自分で自動車を運転することも難しくなることが考えられますので、タクシーを呼んだりしないと病院に通えないというのがあります。

収入が少なければ医療費の負担が今は少なくしてもらえる制度がありますが、少子高齢化が進む中で、一人一人の負担が増えていくのは間違いないでしょう。

その時まだ手元に退職金が残っていたならばなんとかなるでしょうが、住宅ローンで既にほとんどなくなったというのであれば、生活が苦しくなるのは目に見えてます。

インフレ率を考えると、退職金の2700万円は30年後には、1円も使わなくても900万円以下に価値が下がります

さらに、「インフレ」を考えると、退職した60歳ころに2700万円の退職金を貰えたとしても、インフレであなたが80歳の時には、2700万円の価値が少なくなり、おそらく900万円以下になっていることでしょう。

戦後間もなくのころのサラリーマンの初任給が2万円だったのが、現在のサラリーマンの初任給は20万円になったのは、日本が豊かになって、たくさんお金を払えるようになったからではないのです。

ただ、お金の価値が下がってしまっただけです。

退職金を2700万円そのまま貰えても。30年でその程度しか残らないのですから、それを住宅ローンに払ってしまったら、余計に預貯金が無くて心配になってしまいます。

毎月の年金収入はたった20万円しかないのですから、何とかお金を増やそうと考えても増やすことは無理なのです。

月に20万円というとあなたが新人で公務員や会社員だったころの給料以下です。

その時はあなたは、独身だったので、多少の余裕はあったはずですが、既にあなたには家族がいるはずです。

また、高齢になればなるほど医療に伴う出費がかさみます。

退職金はあなたが退職するときに本当に貰えると思いますか?

また、「退職金制度」がいつまでもあると思いますか?制度なんて、いつでも廃止することはよくあることです。

そんな退職金を当てにした、住宅ローンを組んでしまうと、後で地獄を見ることになるかもしれません。

絶対に、退職金をあてにした返済計画をしないようにしましょう。

住宅ローンが組めるか不安な方がいる様ですが、住宅ローンが組めるか組めないか不安になるようなら、無理な住宅ローンを組んで返済に苦しむようなことになるのは目に見えています。

住宅ローンが組めないことを幸運だと思って、収入を増やすように努めましょう。お金がたまってからかってもいいじゃないですか。

住宅ローンなんて組まなければよかったという私の後悔

なぜここまで私が住宅ローンを警戒しているかというと、私は住宅ローンを組んで後悔しているからです。

私は34歳の時に父を亡くしました。父が亡くなった後、両親が新しく建てていた大きな家に母一人になってしまいました。

私は結婚し、新しく家を建てた直後に父が亡くなってしまったのです。

3500万円も住宅ローンを組んでしまった後です。

両親の家はとても大きいので、一緒に住むことも十分可能なのに、思いもよらない出来事で狂ってしまいました。

私が組んだ住宅ローンの3500万円が無駄になった気分でした。

住宅ローンは単なる債務です。自分の生活を苦しくする原因なのです。

まだ、この記事を見ているあなたが、家を買っていないなら私はやめたほうがいいと言いたいです。

もし買ったとしても、絶対に退職金を当てにした返済計画だけはやめてください。

ボーナスも一緒です。どうしても買う場合であっても、無理のない返済計画でなければ困るのはあなたです。

住宅をローンを組んで買ってしまって後悔しているのは私だけではありません。会社員においては転勤があります。

サラリーマンである限り転勤の可能性はあるのです。

転勤が決まった時に、家を買ってしまっていると、家族と別れて生活するのかということも起きます。

また、一緒に転勤先に行くとしても、せっかくローンを組んで購入した家をどうするのかということも起きます。

不動産なので、誰かに賃貸で貸してもいいのですが、私なら嫌です。

あなたが成功するために必要だと思う最新情報をメルマガで提供してます

このサイト右上にあるMENUから「メルマガ登録」し、そのメルマガから私が公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円にし、2019年11月現在、年収4000万円にした「不動産投資情報」私の主催するコミュニティメンバーが成功している「仮想通貨」「FX」などでお金を増やす情報。私がどんどん収入を増やせている理由「お金を増やすための思考」を受け取れます

土地、建物で「売れずに困った」を「解決」できる不動産会社があった


検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆