公務員の時「1億円」増やした私が「お金の増やし方」をお教えします

行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOG SITE

公務員は「税金で食べてる」が本当は「お金に働かされている」


20年間地方公務員として勤務していました、行政書士で投資家の天野ひろしです

私が公務員だった時に、お客さんからというか、税金の支払いが滞っているかたからよく言われたのが、公務員は税金で食ってるんだから・・・とよく言われました。確かにその通りです。公務員は、住民から集めた税金からお給料が支払われます。

ここで、あなたは気づくことはないですか?確かに公務員は税金で食べている感じはしますが、その税金であるお金に公務員も働かされているということです。

公務員も「お金に働かされている」。この「お金に働かされている」状態が分かっていない方が多いので、今回は、「お金に働かされている」とはどういうことなのか、「お金に働かされないため」にはどうしたらいいのかをお伝えしたいと思います。あなたは、絶対に「お金に働かせる」ようにならなくてはいけません。実は「お金に働かされる」かぎり、お金が増えていかないのです。

「お金に働かされる」とはどういうこと?「お金持ち」ってどういう人?

公務員や会社員の場合、毎月決まったお給料をもらって生活しています。毎月お給料をもらうから働いてます。それです、「お給料」をもらうから働いているこの状況が、「お金に働かされている」ということです。これには気づいていましたか?

対して、お金持ちの人たちがなぜお金持ちになれているのかということですが、その前に、「お金持ち」ってあなたはどういう人なのかしっかり分かっているでしょうか?

例えば、毎月のお給料を100万円もらっていて、高級マンションに住んでいるけども、収入は給料のみ、休みは週一回という人は「お金持ち」ですか?これは、お金持ちではありません

では、毎月のお給料を300万円もらっていて、高級住宅街に1億円の家に住んでいる、収入は給料のみ、休みは仕事柄不定期で月に5回という人は「お金持ち」ですか?これもお金持ちではありません。高給取りで、凄い家にも住んでいるのにこの方たちは「お金持ちではない」のでしょうか?それは、「お金に働かされている」からです。

この毎月100万円、300万円の収入の全てが「給料」だけであることが問題です。もし、この方たちが、病気、けが、死亡したら、途端にお金が途絶えてしまうか、大幅に減少してしまいます。これは、給料という名の「お金に働かされている」のでこうなっているのです。

よく現金を1億円も貯金している人がいますが、お金を「投資」などに使っていないなど、銀行にお金を預けているだけで、お金の価値が毎日どんどん下がっていく中、お金の価値が毎日下がって目減りしているのにすら気づいていない人も多くいます

本当のお金持ち」は、お金をとても大切に思っているので、お金を減らさない方法を常に考え、減らさないどころか増やすことを考えています。「本当のお金持ち」はこういう方法でお金を得ています。「不動産投資」「企業運営」「企業投資」「権利収入」などです。

これらは「お金持ち」のほとんどがやっていることです。お金を不動産に働かせたり、会社に働かせたり、権利を持っているだけでお金を発生させたりしているだけで、本人は働いていません。やることは、判断と決定だけです。これは、実はあなたにもできるのですが、情報を集めようとしていないか、集めることが出来ていても、正しい判断で情報を集められていないため出来ていないのです。

金融リテラシーをつければ「お金持ち」お金持ちになるには「投資」です

先ほどの、1億円の現金を持っているかたは、30年後には、その1億円5000万円以下に減ってしまうのが、分かっているのでしょうか?そのことを分かっている、「金融リテラシー」(金融についての知識)の高いかたは、お金のほとんどを銀行の通帳になんて入れていません

この事実をあなたはご存知でしたか?マイナス金利政策が実行されている中、インフレも2.0%まで伸ばそうとしている中、銀行の普通預金の金利が0.0001%なわけですから、お金を通帳に入れているだけで減っていくのです。金利4.6%で減らずにトントンなのに、金利0.0001%なので確実に減っていきます

お金を大切に思うなら、「金融リテラシー」をしっかり付けたほうがいいでしょう。証券会社、金融機関、税理士、公認会計士はお金を扱っている仕事なのにもかかわらず、お金の増やし方である投資を全く分かってないのには驚きです

お金に働かせ、増やしていくには「レバレッジ」と「複利」が重要 特にお金が少ない人は「複利」で増やす

「お金に働かせる」にはどうしたらいいのかというと、「投資」をするということです。自分で働いて得られる収入は、当たり前ですが、自分は1人しかいないので、どんなに働いても、1日24時間、休みなく働いても1年で365日しかありません

しかし、「投資」の場合、「不動産」「お金」「会社」などに働いてもらうのですから、一つづつ増やしていけば増やしただけどれだけでも収入が増え続けるということです。それをお金持ちは皆行っています。というか、それ以外にお金持ちになる方法はありません

お金を増やすための重要なポイントは、自分以外に働いてもらう、「レバレッジ」。増やしたものを使わず、もう一度再投資して増やしていく「複利」。この二つを最大限使えば、誰にでもお金持ちになるチャンスはあります。

しかし、多くの人はせっかくお金を増やしたのに、家、車、旅行、高級品の購入などの「浪費」に使ってしまうので増えていかないのです。「レバレッジ」も大切ですが、お金のない方は特に「複利」を使わないとだめです。増やした大切なお金を「浪費」に使うことなく「投資」に使って下さい。

「複利」に凄さは分かってますか?3万を毎月1.78倍以上で毎月増やせば1年後には3000万円なのです

アインシュタインも人類の大発見の一つだとほめているのが「複利」です。3万円を複利で、毎月1.78倍増やしていければ、1年後には3000万円以上になるのです。実際に計算してみましょう。

1 30000円×1.78=53400円

2 53400円×1.78=95052円

3 95042円×1.78=169,192円

4 169,192円×1.78=301,161円

5 301161円×1.78=536,067円

6 536,067円×1.78=954,200円

7 954,200円×1.78=1,698,476円

8 1,698,476円×1.78=3,023,287円

9 3,023,287円×1.78=5,381,451円

10 5,381,451円×1.78=9,578,982円

11 9,578,982円×1.78=17,050,587円

12 17,050,587円×1.7830,350,044円

この通り、たった3万円を3000万円まで1年で増やすことが出来ました。これが「複利」の凄さです。逆に毎月お給料の内1万円づつ積み立てていくのが「単利」と言います。「単利」と「複利」の違いをお分かりいただけたでしょうか?

ここまでわかれば、毎月1.78倍ずつ増やせる手法を後は探すだけです。実際に私はこの毎月1.78倍に近い1.2倍や1.4倍で増やしていける手法を4つ手に入れ、間もなく実践していこうと準備をしています。世の中探せば結構あるものですよ。

私のこのサイト右上にあるMENUからメルマガ登録」し、そのメルマガから2019年6月現在、私が毎日4万9千円、月に直すと147万円お金を手にしている「仮想通貨を使った投資情報」、年収3000万円にした「不動産投資物件情報」、私が実際に毎月30万円稼げるようになったビジネス情報、「お金持ちになるための思考」など「一流の情報」を受け取れます。

2018年にはこのメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、2億円にしたかたもいらっしゃいます。2019年では、私の主催するコミュニティのメンバー全員がお金を毎日増やし、私やメンバーの2人が、300万円投資しただけで、2019年5月現在で、既に7か月以上毎月150万円お金を増やし続けている情報の、経過と結果を公表しています。

そのような月利10%、20%のものが現在4種類まで増えました。年利ではなくて月利です。私は、公務員の時には見つけることが出来ませんでしたが、大金を支払ってお金持ちの先生達に情報をいただけるようになった今ではできるようになりました。私の「メルマガ」でお伝えするのは私が常にお金持ちのかたからもらっている、私達がお金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を常にお金持ちの先生達から手に入れ続けているからだけなのです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にし、実践すれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れない」田んぼ畑などの土地、建物、古いアパートを売る答えを発見。相続専門の行政書士の私が答えます

スポンサーリンク




  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆