公務員,会社員の味方

元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意

投資で収入の少ない準公務員、嘱託職員でも年金生活で収入を増やせる


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。

今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収500万円お金を増やせる仕組みを作らせています 間もなく実現できそうです

投資で収入の少ない準公務員、嘱託職員でも年金生活で収入を増やせる

私の相談者の方の多くは女性の方が多くいて、男性よりもしっかり将来のことを考えている方が多いと感じます。

女性の場合、平均年齢も軒並み伸びて、長寿になることから、お金が途切れてしまうのが本当に怖いと感じているようです。

また、男性のほうが先に亡くなるので、ご主人さんがいれば年金が減りませんが、減った状態で長いこと生活しないといけないので、必死です。

そんな中で、素晴らしいプランを実践している方が見えます。

今回はそのかたのことを少し紹介したいと思います。

年収は300万円しかないけれど、定年後に年金暮らしになると、月に34万円の収入ができる計画をしている

公務員でも正規の職員だと、定年間近になると年収が900万円前後になります。

しかし、準公務員とか嘱託職員といった、パート扱いの職員の場合、ボーナスもなく、昇給もなく毎月30万円くらいの支給額で、手残りは13万円くらいしかないそうです。

それなのに業務は正規の職員並みで、大変だということをいつも教えていただきます。

私も2017年まで正規の職員だったので、頭が下がります。

でも、この方がすごいのは既に株式投資で3000万円くらいに増やしたことです。

また、投資についても積極的で、私に「不動産投資」の方法を勉強しに来られました。

私の場合、私が長年苦労してたどり着いた、本物の不動産会社の社長と知り合いなので、この方の融資条件、現金、収入などによって選んだ最適の物件を提案することが出来ました。

その物件は金額は2800万円の2DK4部屋、築12年の物件です。もちろん土地を込みで、提案できました。

そうすると、月に家賃が現在24万円入ってくるので、現金で買えば、そのまま家賃が24万円づつ入ってきますし、1000万円分だけ、融資してもらえば、10年もたたずに、自分のものになります。

投資をすれば、投資した金額以上にお金は戻ってくる

現在築12年なので、10年後はまだ、22年しかたっていないのに、ローンはないので、年金額が、月10万円くらいのようですが、それに家賃収入が毎月24万円入ってくるので、楽だといえます。

比較してみると、正規の職員だったといっても、定年ごろには預貯金はそんなになく、退職金はせいぜい2500万円くらいしかないのですから、年金が月に22万円だとすると、この準職員(嘱託職員)のかたのほうが、毎月の収入は上になります。

あんなに働いて稼いだお金はどこに行ってしまったのでしょうか?

それは、「投資」をしないからそうなってしまうのです。

「投資」をすればその分以上に返ってくるのです。

海外だと、必ず「投資」を積極的にしているため、年収160万円のかたが、年収400万円の日本人より、定年後は収入が多いということが多いのです。

それを、私はこの方に合わせて提案することが出来たわけです。

こんな素晴らしい物件はそうそう出てきませんし、私が審査したうえで、提供するかどうかを決めていますので、この方は本当に良かったと思います。

あなたも、「不動産投資」をして、年金に頼らない安心できる、安定した生活を手に入れましょう。

あなたが成功するために必要だと思う最新情報をメルマガで提供してます

このサイト右上にあるMENUから「メルマガ登録」し、そのメルマガから私が公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円にし、2019年11月現在、年収4000万円にした「不動産投資情報」私の主催するコミュニティメンバーが成功している「仮想通貨」「FX」などでお金を増やす情報。私がどんどん収入を増やせている理由「お金を増やすための思考」を受け取れます

土地、建物で「売れずに困った」を「解決」できる不動産会社があった


検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆