公務員,会社員の味方

元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意

「お金持ち」って何?年収「1億円」になれば幸せ?お金が増えると「失うもの」とは?


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです

現在は、投資とビジネスで年収4000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。

今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収1000万円お金を増やせる仕組みを作らせています 間もなく実現できます

お金持ちって何?年収1億円になれば幸せ?お金が増えると失うもの

お金持ちって、どんな人だろうとか思ったことはないですか?

私も興味があったので、ネットで調べてみたのですが、どうもこれと言って決まりはないのです。

中には金融資産が1億円以上の人がお金持ちという人もいますが、それも正しくないと思います。

なぜなら、お金が後から生み出される投資をしている場合。現状の現金や、有価証券、株などはなくてもどんどんお金が毎月入ってくることもあるからです。

例えば、私の行っている不動産投資や、企業投資がそれです。

私は何億円、何千万円と不動産や、企業に投資しているので、現金は全くありません。でも、毎月数百万円確実に入ってくるのです。これって、お金持ちではなくて貧乏なのでしょうか?

お金持ちの定義は、なぜあるかというと、統計で数字を出すのに、何かを基準にしないと数字を出せないので、多くの人が持っているもの、お金や金融商品、株などを基準にしただけだといえます。

なので、金融商品や現金が1億円を超えている人が必ずお金持ちであるとは限りません。

お金持ちというのは「お金を減らすことなく、お金を持ち続けることが出来る人」のことを言うのです。

私が見てきた多くのお金持ちというのは、お金持ちになるための考え方が違います。

現在お金を10億円もっていても、おかねを増やせないのであれば、必ずお金が減っていってしまうので、お金持ちではなくなります。

逆に現在年収300万円代でも、年収1億円以上になったお金持ちはいるのです。私の知人の東京にある副業アカデミーの小林昌裕さんもいい例です。

お金持ちは、今ある全ての現金、有価証券、株を失っても、決まったお金が毎月手に入る人のことだと私は考えます。

私は現在現金では銀行には殆ど入れてませんし、タンス預金は全くしてません。金や有価証券も全くありません。

毎月入ってくるほとんどのお金を投資に回し続けているのでお金は持ってないのです。それでも毎月300万円は確実にお金が入ってきます。

毎月お金が300万円確実に入ってくるので、安心して毎月投資に回せるということです。

投資はお金を増やすため、お金を減らさないために必ず必要な行動です。正しく投資さえすればお金で困るということは起きるはずがないのです。

投資をしないのは、お金が減っても平気な人の考え方 お金が大切な人は大切なお金を減らさないために投資を必ずしています

お金が大切だと言いながら、多くの人はお金を平気で減らしています。

特に貯金しかしていないのはお金を減らすもっともまずい投資の仕方です。銀行にお金を預けるのも実は投資なんです。

ですが、インフレが進む中で、銀行にお金を預けていると、お金の価値が減ってしまうので、お金は目減りする一方です。

タンス預金はもっと最悪です。金利さえ出ないのですから。ただお金を減らしているだけです。

投資をしない人は、お金が減ることを感じていないのと、お金が減ることに慣れてしまっているのです。

私も、10年前までは、あなたよりもはるかにお金を減らす、浪費家だったので、その心理が良く分かります。

当時の私は毎月入るお金が全く残らないのが普通だったので、お金が無いことが全く平気でした。

私は当時、お金が残らない事が悪いことと感じてなかったので、お金が無くても別に幸せだったので、それでも別にいいとは思います。

でも、お金は増えないので、お金持ちにはなれないということは言えます。

お金が増えても幸せになれるとは限らない お金が少なかった時のほうが幸せだった感じがする

私は、10年前までは毎月の給料をほとんど使い切っていた、浪費家だったのですが、その時は毎日とても幸せだったのを覚えています。

お金が少ない中で、最大の楽しみが、300万円の自動車を購入することや、300万円のバイクを買うことでした。

お金が少ない中で欲しい物を確実に買うことが出来たので、とても幸せだった感じがします。

また、販売している物の値段は300万円くらいのものが結構世の中充実しているので、選びやすいということがいえます。

当時、私がどうしても欲しかった車が、スバルのレガシーでした。値段は360万円とお手頃なのに、雪山にも楽々行けて、スポーツカー並みの運動性能だったので、とても毎日ワクワクして乗ってました。

また、バイクではハーレーダビットソンのソフテイルデュースに乗ってました。販売価格は200万円を超えるくらいでしたが、オプションを色々つけたら、300万円になってしまったのを覚えています。

年収300万円を超えるくらいの年収の当時の私には、とても大きな買い物をしたと思っていたのと、テレビやネット上で、高級車の様な言い方をしているのを聞いて、高級車が買えたんだととても満足していました。レガシーの場合は、うれしくて後部座席で寝たのを覚えています。

では、現在の私はどうかというと、年収が副業の不動産投資ですでに、3000万円を超えてしまったため、いつでも、ポルシェや、ベンツ、BMWなら買えるわけです。フェラーリやランボルギーニも手が届きます。

でも、選べる範囲が増えたのに、いつでも買えるようになってしまうと、逆に買う気が失せてしまっているのを感じます。

これはもしかしたら、不幸なことなのかもしれません。

私が、年々年収が増えていく中で分かったのが、お金は増えても幸せになるとは限らないけれど、困ることが少なくなるのは強く感じます。

ですが、税金は累進課税のため、年収が上がるたびにどんどん高くなるので、その恐怖から逃れようとし、より収入を増やそうと動いている自分にも気づかされます。これは不幸なことです。

お金持ちになるには、年収1億円を超えないと、お金持ちになった実感がないと思う 

年収1億円になるのは結構大変で、私は20年間勤めていた公務員を辞めたら1年くらいで年収1億円くらいになるイメージだったのですが、まだ半分にも届いていません。

原因は、年収が少ないときは自分一人で稼ぐことが普通なので、自分の力で何とかできるのです。

でも、年収が1000万円を超え、2000万円を超え、3000万円を超えと進んでくると、自分だけの力では実現しないので、人に任せるしかないのですが、思わぬトラブルや、思わぬ失敗に巻き込まれることが増えていきます。人に任せるということはそういうことです。

なので、伸び悩んでいたので、ネットビジネスの先生、小玉歩さんや望月高清さんを頼って勉強をし始めたのです。そのおかげで、年収1億円も見えてきた感じです。

私はまだ、年収1億円に到達していないので、とても税金などの支出が多く、好きなものを気軽に買おうと思えません。

そのため、自分が年収が300万円のときの自分がうらやましくなるときさえあります。

なぜ、年収1億円に私はこだわっているかというと、所得税の上限は住民税も合わせ、55%で頭打ちなのですから、それを大きく超えることが出来れば良いわけです。

1億円の年収に対し、税金が5500万円払う必要があるのですが、残ったお金は4500万円なわけですから、私は1年でそれだけあれば十分だと感じられるので、年収1億円を本当に目指しています。

人によって収入や、手持ち金がいくらあれば満足できるかというのは違うので、あなたがいくらあれば満足できるかよく考えたほうがいいです。

私の場合は、毎年4000万円貯まっていけば安心できるから頑張って目指しているだけです。

年収が多くなれば、幸せかどうかは人によるのですね。私は、幸せだとは感じていません。

お金が増えることで、世の中に起きる困りごとの多くが解決する だからお金を増やすのです

あなたは今困っていることはありますか?私は、私の家系は癌になるものが多いので、私は何とか癌になっても治るような対策がしたいと感じています。

その中で、末期がんでも完治した方の治療法を知ることが出来たのですが、値段が1年で4000万円かかるということで、なかなか手を出しにくい感じがします。

そのため、私は至急、4000万円を手に入れることが必要だと感じています。

私の周りには、介護や医療で困っているというか、他に選択肢が無くて困っている人を多く見かけます。

特に、親が介護するにあたって、お金が無いため、介護費用が払えず、親をほかっておくわけにもいかず、自分が仕事を辞めて、介護をしている方を見ます。

これでは、家族がみんな不幸な状態になっていってしまいます。

ですが、ここにお金が沢山あれば、親の介護を、親が一番望む状態で対応でき、介護する側も、お金に困らないので、満足のいく、余裕をもった介護をしてあげることもできるでしょう。

子供の進路を決める時でも、一緒です。子供がスポーツに興味があり、才能もあるのでスポーツ選手の育成所に入りたいとき、1億円かかるとしたらどうしますか?

お金が無いというだけで子供に夢をあきらめさせてのでしょうか?

ただお金があれば済むことなのです。

就職だってそうです。なぜ、就職をしないといけないかというと、多くの人は、お金に余裕があるけど、好きで就職している人は極めてまれだと思います。多くは、生活のためですよね。

でも、自分でお金を増やす方法や、自分でお金を稼ぐ方法が見についている私のような親から、その方法を教えさえすれば、同じようにお金を増やしていけるので、就職なんてしなくても生活をしていけます。

よく、一流大学に進み、就職で失敗したというのを聞きますが、何が失敗なのか私はよくわかりません。

お金を自分で稼いだり、お金を増やす方法さえ身に着けてしまえば、アルバイトからでもお金持ちになるのは出来るのです。

ただ、学校教育ではそういったことを教えてもらえず、教員もお金が無いのはお金を増やす方法を全く知らないので、教えられないということです。

お金を増やす方法を身に着けることさえできれば、好きなことを仕事にもできるのです。

私がもし、今お金が100万円以外に、家も、預貯金も、不動産も何もかも失っても、年収1000万円以上には5年もあればなれます。

お金を増やす方法さえ身に着けてしまえば自分も、子供もお金に苦労することはないのです。

お金に苦労することが無ければ、世の中のほとんどの悩みから解放されます。

あなたが成功するために必要だと思う最新情報をメルマガで提供してます

このサイト右上にあるMENUから「メルマガ登録」し、そのメルマガから私が公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円にし、2019年11月現在、年収4000万円にした「不動産投資情報」私の主催するコミュニティメンバーが成功している「仮想通貨」「FX」などでお金を増やす情報。私がどんどん収入を増やせている理由「お金を増やすための思考」を受け取れます

公務員が「儲かるアパート」を選び,年収2000万円と成功した実例

土地、建物で「売れずに困った」を「解決」できる不動産会社があった


検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆