公務員,会社員の味方

元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意

「自動売買ツール」FX、仮想通貨、バイナリーを実際に購入してみた結果「やめたほうがいいです」


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです

現在は、投資とビジネスで年収4000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。

今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収500万円お金を増やせる仕組みを作らせています 間もなく実現できそうです

「自動売買ツール」FX、仮想通貨、バイナリーを実際に購入してみた結果「やめたほうがいいです」

私は世の中にものすごく儲かると言われている「自動売買ツール」があるのを知って、色々試してみることにしました。

私が気になった言葉が「ものすごく儲かる」というキーワードです。

もしこれが本当ならば、世の中の人はみんな大金持ちのはずじゃないですか。

私の「本物を見抜く力」からするとすぐに「詐欺だな」と分かりました。

ですが、私は「詐欺なのにこんなに多くの人がだまされることになり、たくさん売れてしまうのかということを体験したいのと、どこが詐欺なのか?

ということを知りたかった」ので試しで6つ購入してみました。

あなたは絶対マネしてはいけませんよそんなに儲かる話は無いのですから。

佐渡凌一(さど りょういち)の販売したLEADing Edge Projectの「ゼトラス」はお金を入金しても全く売買が始まらない

佐渡凌一の販売したLEADing Edge Projectの「ゼトラス」はお金を入金しても全く売買が始まらないという酷い物です。

販売価格は19万8,000円で多くの販売者が30万円でプロダクトローンチの手法で販売してくるのですが、19万8000円はとても安価な部類なので、これはみんな買いたくなるなというものです。

さらに販売者の佐渡良一(さど りょういち)自身もとても清潔感があり、若くて信用できる感じの人で、やさしい感じでしたので、誰もが不信感を感じることはありません。

また、佐渡良一(さど りょういち)自身がこの「ゼトラス」システムを販売する前に数回、実際にセミナー会場でゼトラスのプレゼンテーション、そして詐欺にあわないための方法や本物を見抜く方法を、説明する形をとっていました。

ここまでくると、ネット上の人ではなく、実際にいる人だと判断してしまうので、「ゼトラス」システムを購入するのに壁はほとんどなくなります。

そして販売当日のライブ映像では、この「ゼトラス」システムに資金を100万円入れれば、1年後には1億円に複利で増やすことができますというものでした。

また、有名な投資家である「ジムロジャース」も月利20%しか稼げていないので、この「ゼトラス」システムもその20%を確実に稼ぎだせるのですから、堅実に稼いだほうがいいのです。

と、金融リテラシー(お金の知識)があるかたならだれでも知っていることを打ち出していました。

また、「ゼトラス」システムを使っても1年間1円も稼げなかった場合は、全額保証と、他の販売者もよく使うことで、買わない理由を取り除き販売しました。

ここで、注意なのが「全額保証」と言っている輩のほとんどは満額の「全額保証」は絶対にしてくれません。

なぜなら、販売終了とともに、人件費、広告代なのでかなりの金額を払ってなくなってしまっているからです。戻ってきてもよくて半額がいいところです。

これらは、私から見ると、よくあるプロダクトローンチの売り方でしたし、「PASONAの法則」にのったものなので特に珍しくないのですが、初めてこの佐渡良一の販売を体験した人は、お金が少しあれば、ほとんど買ってしまうことでしょう。

佐渡凌一の「ゼトラス」の場合、おそらく意図的に詐欺の商品を売ったとは思えません。このパターンは「結果稼げないシステムを売ってしまった」系です。

自動売買が始まらないのは、この自動売買のシステムは、多くの人が共有するため、誰かが自動売買システムのルール、例えば、取引をしない時間にのみお金を入金しないといけないというものを守らない人がいたりすると、システムが急に動かなくなることがあります。

また、仮想通貨の取引システムに多いのが、仮想通貨はもともと、現金などの通貨と違い世の中にある流通量が少ないので、急な値上がり値下がりがあり、システムも売るタイミングや買うタイミングを選べないでいる時があるのが原因のようです。

佐渡凌一の「ゼトラス」で使用している取引所は「FXMATE」を使用しています。

クラウド式なので自動売買の金額確認のモニターは「MT4」を使用しています。

私は10万円を「FXMATE」の口座に、クレジットカード振り込みをして入金しましたが、入金後4日くらいで取引が始まるはずのものが、既に1か月半ほど経ちますが、一度も取引を開始しない状況です。

なけなしのお金で、この佐渡凌一の「ゼトラス」を購入した人もいると思いますが、かわいそうすぎます。

ここで、注意ですが「FXMATE」も問題があります。佐渡凌一の「ゼトラス」システムも問題ですが、「FXMATE」は出金することができません。

出金依頼をしても半年以上経ちますが1円も戻ってきません。

仮想通貨やFXの「自動売買ツール」には大きく分けて2種類あります。

一つ目は「自動売買ツール」の販売者が購入者に代わって、まとめてクラウド上で「自動売買ツール」を運営する形のもの。

その場合の売買の成果を確認するのは「MT4」をいう名のロシアで開発されたシステムを使用し、売買状況をモニターとしてMT4を使い随時確認できるものです。

もう一つは、実際に「MT4」を自動売買のシステムとして使う方法です。

神埜達喜の「ゴールデンバードクラブ」で、なぜ彼は偽名と経歴詐称をしているのか?

神埜達喜(かみの たつき)の「ゴールデンバード」システムを30万円で購入してみましたが、彼は名前を実名で出していません。通称は神野たつきですが、これも本名ではありません。

私が所属しているネットビジネスの先生、小玉歩氏の主催する「FMC」で数年前から神野たつきはネットビジネスを始めたのです。

ですから、彼が言う、10年前からこの「ゴールデンバードシステム」でFXのトレードで稼げているというのはうそです。

うそなのになぜ私が30万円も出して買ったかというと、どれくらい酷いシステムなのかを確かめたかったからです。

買ってみて分かったのは、この「ゴールデンバードシステム」はクラウド式ではなく、「MT4」を使い、購入者のパソコンで実際に取引をするというものです。

なので、パソコンの電源を落としてしまうと、そこで取引が止まってしまうので、「クラウド」上で毎月数千円を払って、自分のパソコンの代わりに動かす場所を借りるということが必要になります。

必要になりますが、パソコンを閉じても自動売買が続きますので、絶対に必要です。

と少し真面目に解説してしまったのですが、彼の販売した「ゴールデンバードシステム」はXM、FXDD、FXCMの口座で動かせます。

確かに動くのですが、このシステム、おそらくそこら辺にあるシステムなのでしょう。

特別これで何億円も稼げるということは全くないです。

また、彼のくれた解説動画はとても短く、後は数ページのPDFの説明書きをみて自分でやってみてねというものです。

これに30万円はかなり高すぎです。実際に動きはするので、詐欺ではないですが、誇大広告です。

あなたが成功するために必要だと思う最新情報をメルマガで提供してます

このサイト右上にあるMENUから「メルマガ登録」し、そのメルマガから私が公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円にし、2019年11月現在、年収4000万円にした「不動産投資情報」私の主催するコミュニティメンバーが成功している「仮想通貨」「FX」などでお金を増やす情報。私がどんどん収入を増やせている理由「お金を増やすための思考」を受け取れます

土地、建物で「売れずに困った」を「解決」できる不動産会社があった


  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆