公務員,会社員の味方

元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意

「うつ」は公務員、会社員なら誰でも可能性がある。「うつ」にならないためには「自分を追い込まないように」


公務員の時に、うつになって仕事が出来ず生活が苦しいという相談を受けていました、行政書士で投資家の天野ひろしです

「うつ」は公務員、会社員なら誰でも可能性がある。「うつ」にならないためには「自分を追い込まないように」

私は2017年3月まで公務員を20年間してきました。その時の仕事が福祉の仕事だったのですが、仕事で「うつ」になってしまい、仕事を失い生活が出来なくなり、私のところに相談に多くの方が訪れていました。

本人に聞くとまさか自分が「うつ」になるとはと思っている方が多いです。

「うつ」は難しい仕事をしているかたで、責任感が強いため必ず仕事を手を抜くことなく頑張ってきた方に多く発症しているように感じます。

仕事は一人でやるものではなく、誰がやっても難しいものなら、あなたが出来る可能性も本当は少ないはずなのです。

ですが、それを頑張ってしまい出来ないことが無いようにより頑張ってしまうのですが、もともと誰がやってもできないものなので、そこで出来ないことがプレッシャーとなり、長時間それが続くとどうにもならなくなり「うつ」になっている感じが多いです。あなたは「うつ」になってませんか?

「うつ」のチェック

● なんだか体が疲れやすい

● テレビでお笑い番組を見ても面白いと感じない

● 仕事に集中できず、ぼうっとしていることに気づくことがある

● 休みの日は外出をしたくない

● 笑顔が減った

● 大好物を食べてもおいしくない

● ため息が増えた

● 周りの人に元気が無いねと言われる

● あいさつの声が小さくなった

これらは、私が実際に「うつ」で失業してしまい、相談にこられたかた本人や、そのご家族から聞いた「うつ」の症状でよく出てきたキーワードです。

また、本人の代わりに相談に来られたご家族から、「カーテンを閉めたままにしている」「食事をとらない」「引きこもりになってしまった」なども多く聞かされました。

「うつ」は心の病です。多くは「仕事」がきっかけで「うつ」を発症しています。

真面目で、責任感が強い人ほど「うつ」に注意 元気があってもなくても関係なく「うつ」になる可能性があります

私が公務員だった時には「うつ」になった人が結構いました。

彼らは決して、元気が無い人ではなかったのですが、「うつ」になり本当に大人しくなってしまった感じがします。

また、仕事に来る日数も減り、家族も生活が心配になってきているようです。

そうなのです、「うつ」を発症してしまうと、自分どころか家族も困るのです。

そして家族が心配したり、職場の人が心配すると余計、本人にとってプレッシャーとなり無理をしてしまい、「うつ」から回復するのが余計に遅くなってしまっているように感じます。

本人も、職場に迷惑をかけていると考え、プレッシャーとなり、職場復帰を早くしないとと考えプレッシャーとなり、仕事に行けてないけれど、家族の生活が困ると思い、職場に辞表も出せず困り切ってしまっているのがほとんどです。

ここで、大企業だと傷病手当などが支給されるということで、ぎりぎり生活費をもらえますが、住宅ローンを組んでいて、毎月のローン返済額が大きいと返せないということで、より困ってしまっていることがあります。

また、中小企業だと「自己都合退社してくれないか」と言われて退社した方も多くいます。そういった誘導は本来違法なのですが、それが通ってしまっているのが現状です。

だれでも知っている大企業だからといって安心できません。

仕事が出来ないため、会社の一室にパソコンが一台置かれた部屋で、一日過ごし家に帰るような生活を送っているかたも実際にいるのです。

「うつ」にならないためにするべきことは、たった一つ「自分が追い込まれないようにすること」

「うつ」にならないためにするべきことは、自分が追い込まれないようにすることが大切です。

それは、まず「借金を作らない」ということです。

借金で一番大きな借金というと「住宅ローン」です。

結構私が話しを聞かせてもらった方たちで「うつ」になった原因の一つになっていることが分りました。

「住宅ローン」を組んでしまうと、給料だけでは少ないので、残業を好んでやるようになります。

そうすると無理がたたってきて、睡眠不足になりミスをするようになりと悪循環が起こったりしますし、そもそも無理して住宅ローンを返済しているので、景気が悪くなり残業が減り、住宅ローンの返済が難しくなると本人にとってかなりのプレッシャーになってくるようです。

だからと言って、収入は増えないことが長く続くと、プレッシャーに耐えれず「うつ」になった方が多いです。

住宅ローンが一概に悪いといえませんが、毎月の給料が30万円しかもらえていないのに、毎月10万円の返済、ボーナス時に40万円返済するといった、「無理な住宅ローンの返済」はやめましょう。

ボーナスが出るのは当たり前ではありません。

誰もがやれない仕事は初めから誰もできないのです。

そんな難しい仕事を決して必ずやってやろうなんて考えないでください。

誰もやれない仕事はもともとあなたも他の誰もできないのですから、出来ないからと言ってあきらめないなんてことはしないようにしたほうがいいです。

「うつ」になったかたで多いのが、「自分に不可能なことはない」「今までできなかったものは何もない」と考えている方たちです。

真面目で努力家であるために、本当にどうにもならないことを引き受けてしまい、やっぱりどうにもならないので「うつ」になっているのです。

私の先輩で実際にあったのが、どうにもならないクレームを、毎日朝から晩まで対応させられ、クレーマーから無理難題を押し付けられていたため「うつ」になってしまったということがありました。

自分を追い込んでしまっているのは実は「自分」なのです。自分が自分を守るための選択をすることをしないために追い込まれ「うつ」になっているのです。

もし、「住宅ローン」なんて組んでいなかったら、転職して精神的に楽な仕事に就き、給料が安くなっても、それに合わせて、家賃の安いところに移転すればいいだけの話です。

自分を追い込んで「うつ」にしている大きな原因は、自分が逃げられないようにしている自分自身です。

よく、「家族に迷惑をかけたくない」みたいなことを言いますが、そんなにあなたの家族はあなたに協力してくれないと思っていますか?嫌だろうけれど仕方がない瞬間だってあるのです。

必ず分かってもらえるはずです。そもそも、家族に仕事がきつくて困っているという相談をしていますか?

家族に相談せずに自分一人だけで抱えてしまってどうにもならなくしているかたが本当に多いです。

あなたが成功するために必要だと思う最新情報をメルマガで提供してます

このサイト右上にあるMENUから「メルマガ登録」し、そのメルマガから私が公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円にし、2019年11月現在、年収4000万円にした「不動産投資情報」私の主催するコミュニティメンバーが成功している「仮想通貨」「FX」などでお金を増やす情報。私がどんどん収入を増やせている理由「お金を増やすための思考」を受け取れます

土地、建物で「売れずに困った」を「解決」できる不動産会社があった


  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆