普通の公務員だった私が投資で1億円稼いだ方法で、あなたをお金の不安から救いたい

投資 ビジネス「公務員ビジネスマン天野浩史」OFFICIAL BLOG SITE

公務員歴20年だった私だから伝えられる「公務員教養試験対策」の「裏技」「必勝法」


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円をかせいでいました、公務員ビジネスマン 天野浩史です

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収1000万円お金を増やせる仕組みを作らせています それが間もなく実現することができそうです

最近は小資本の10万円程度から始められ、「仮想通貨を使った投資」や「FXでプロにお願いして増やしてもら方法」など、一年で数十万、数年で数百万数千万円増やせる月利10%~20%の投資法がいくつか見つかりました。常にそれらと同じレベルの優秀な投資方法を探し続けています。2019年6月現在では4つほど見つかり、私と仲間で実践し、既に毎月120万円以上増やせています。そのため、仲間の一人は本業の年収200万円代ですが、一年以内に最低年収1000万円を超えるところまで来ました。この私の投資の実践記をこのサイト右上のMENUメルマガ登録」から受け取ることが出来ます。

本屋さん大好きの私が、見つけたのが、「地方上級 教養試験 過去問500 2019年度 [大卒用] (公務員試験 合格の500シリーズ6)資格試験研究会」の教養試験の過去問です。この過去問はとても優れています。おそらく出題されるだろうと思われる傾向が分かるからです。

でも結局、そのままが公務員の教養試験に出るというものではないので、注意が必要です。また、この過去問の場合、「地方上級」となっていることから、県の職員向けだといえます。なので、市役所や国家公務員の試験に、ピタッと合わないと思います。 特に、市役所の問題は、インチキなぐらい難易度が高い物が多く、正解率は極めて低い傾向があるように思います。

 

 

国家公務員、県の職員と市役所職員では対策が大きく異なる

大きく分けて、私の親せきにも来年定年の現役の国家公務員で、厚生労働省の職員がいますが、国家公務員や、県の職員はこういった、過去問、時事問題など、で対策すれば合格する可能性が高いです。私も実は、22歳の時、裁判所事務官も受験しましたが、LECという専門学校の「出た出る」だけで合格しました。私の親せきの厚生労働省の職員も、過去問と論文の通信添削で、いけるはずだという意見です。

で、この論文は、やはり誰か先生に添削してもらわないと、「論文」がかけない人が多いので、注意が必要です。確か、東大の受験には論文があったかと思いますが、「論文」には「論文の書き方」というのがあるので、「論文の書き方」が出来ていないと、それだけで点数が全くつかないので、不合格になってしまいます。「論文のかた」というものがあるので、必ず「論文のかた」をみにつけてください。専門学校に通うのは大変なので、通信添削で見てもらうのが最善策ではないかと思います。

で、今度は市役所の職員になりたいという方ですが、これは本当に対策は難しいです。なぜかというと、銀行や、大手の大企業もそうですが、コネが無いと入りにくいという傾向があります。特に、就職率が厳しく、会社員の給料が安くなってきた最近では、コネが無いと採用されにくいようです。

実際に、人事課に聞いてみても答えてはくれませんが、なんか私の職場はその傾向が高かった感じがします。もちろん、採用の決定の全ての判断は官公庁の長がするわけですし、変な人を入れて苦労するかどうかにもかかってきます。でも、本当に仕事が出来ない人は多かったです。

なので、私もそうでしたが勉強して、その点数で勝負するなら、国家公務員、県の職員がいいです。強いコネがあるなら市役所、町役場の職員がいいです。採用人数が多いので、分かりませんが、国家公務員や県の職員でもコネ採用があるとかないとか、たぶんあるでしょうね。

 

公務員は気軽にうければ、採用される まずは、何か就職を先に決めることで成功する

私の場合コネがなかったのですが、裁判所事務菅に受かっていたので、気軽に受けたら他にも合格したという感じです。何か一つ一生懸命やれば道は開かれるのでしょうね。さらに、私の就職のころは超氷河期と言われていたのですが、運よく、医療、不動産デベロッパーには春ころ採用が決まっていたので、本当に気軽に受けられたということがありました。 ですから、公務員一発勝負はやめたほうがいいです。気軽に受けたほうが合格しやすいと思います。

実は、私の来年定年の国家公務員の親せきも、大卒現役では国家公務員に採用されなかったのです。なので、生まれ育った市にある、商工会議所に勤めて、国家公務員試験に翌年採用されたということです。やっぱり、どんな有名大学を出ても、一発勝負はきついです。なので、どこかに採用を決めてしまい、気軽に公務員試験に挑戦するのがいいです。

また、最近の傾向では、中途採用も増えてきています。特に民間で鍛えられた人のほうが、仕事をうまくやれるというのがあるからです。なので、税金の徴収部門で言えば、サラ金大手のアコムの元社員のかたもいたり、介護施設の施設庁が、福祉の部門に採用されたり、生活保護の部門など、みんなが嫌がる部署のケースワーカーなどになりたいと、面接で発言しただけで採用されたというのも、実際私が見てきました。

公務員になったら次は、資産形成で「投資」を始めましょう。公務員の場合、会社員の違い、ある程度の副業は認められていますし、銀行からの信用力が高いので、融資が受けられやすいです。私は「株式投資」と「不動産投資」で、公務員を去年退職することが出来ました。今はそれより1.5倍以上に収入が増えました。この先もどんどん増えていきますが、公務員という信用の高い地位をフル活用して、あなたの本当の幸せを築き上げてください。

 

私のこのサイト右上にあるMENUからメルマガ登録」し、そのメルマガから2019年6月現在、私が毎日4万9千円、月に直すと147万円お金を手にしている「仮想通貨を使った投資情報」、年収3000万円にした「不動産投資物件情報」、私が実際に毎月30万円稼げるようになったビジネス情報、「お金持ちになるための思考」など「一流の情報」を受け取れます。

2018年にはこのメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、2億円にしたかたもいらっしゃいます。2019年では、私の主催するコミュニティのメンバー全員がお金を毎日増やし、私やメンバーの2人が、300万円投資しただけで、2019年5月現在で、既に7か月以上毎月150万円お金を増やし続けている情報の、経過と結果を公表しています。そのような月利10%、20%のものが現在4種類まで増えました。年利ではなくて月利です。私は、公務員の時には見つけることが出来ませんでしたが、大金を支払ってお金持ちの先生達に情報をいただけるようになった今ではできるようになりました。私の「メルマガ」でお伝えするのは私が常にお金持ちのかたからもらっている、私達がお金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を常にお金持ちの先生達から手に入れ続けているからだけなのです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にし、実践すれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れないと言われた田んぼ畑などの土地、建物、ボロボロのアパートを売る答えを見つけた」相続問題が専門の行政書士の私がお答えいたします

スポンサーリンク




  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆