普通の公務員だった私が投資で1億円稼いだ方法で、あなたをお金の不安から救いたい

投資 ビジネス「公務員ビジネスマン天野浩史」OFFICIAL BLOG SITE

浪費家の公務員だった私が「お金持ち」になれたのは「周りの人と反対の選択」をしただけ。公務員、会社員のあなたへ


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円をかせいでいました、公務員ビジネスマン 天野浩史です

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収1000万円お金を増やせる仕組みを作らせています それが間もなく実現することができそうです

最近は小資本の10万円程度から始められ、「仮想通貨を使った投資」や「FXでプロにお願いして増やしてもら方法」など、一年で数十万、数年で数百万数千万円増やせる月利10%~20%の投資法がいくつか見つかりました。常にそれらと同じレベルの優秀な投資方法を探し続けています。2019年6月現在では4つほど見つかり、私と仲間で実践し、既に毎月120万円以上増やせています。そのため、仲間の一人は本業の年収200万円代ですが、一年以内に最低年収1000万円を超えるところまで来ました。この私の投資の実践記をこのサイト右上のMENUメルマガ登録」から受け取ることが出来ます。

あなたは、成功したいですか?あなたの周りの方は、成功している人はいますか?年収でも、トップアスリートでも、芸能人でもよいのですが、成功している人がいるのなら、あなたもその方のマネをするといいです。ほとんどの成功者は成功者のマネから始まっています。マネから始まって、小さな成功を重ね、自分の考えを取り入れより多くの成功を手に入れるという流れになっています。

 

あなたが今、成功していないならば、まず自分の「観念」を疑ってみる必要がある

私自身の成功の積み重ねは、始めは親のマネから始まりました。それを「観念」といいます。ただ、この観念というのは、良い「観念」もあれば、悪い「観念」もあります。なので、まず自分の「観念」が良い観念なのかというのを疑ってみて下さい。

自分自身というのは、実は自分自身が一番わかっていないことがあります。灯台下暗しという感じでしょうか?私は自分の考えに問題は全くなかったですし、小さな成功体験や、大きな成功体験も積み重ねられているので、かなりの自信はあります。ですが、私の信頼している不動産会社の社長さんが、一度言ったほうがいいと言われる、セミナーに行ってみて、自分の「観念」に問題が無いかチェックすることにしました。

セミナーは4日間行われましたが、やはり私の「観念」は良い「観念」だったようです。セミナーに参加費は16万円と高額でしたが、自分の考え、「観念」が間違いないことに自信がつきました。私の強い「観念」は、亡くなった母の考えによるところがとても大きいです。

どんな、考え方「観念」だったかというと、とにかく着るもの、車、食べるもの、すべて、多くの人が選ぶものを選ばず、別のものを選ぶということでした。それは本当に徹底的に幼少の時から、繰り返されてきたので、私にしみついてしまっています。この考え方が悪い考え方、「悪い観念」なら直す必要があるのですが、セミナーではどうも「良い観念」であることが分りました。

大衆は常に間違っている

そのセミナーの中で、一つゲームを行いました。それは「赤黒ゲーム」というものです。この方法は広くどんなセミナーでも行われているようですが、私は初めての体験でした。2チームに分かれての対戦のような形で始まり、よい選択をしていけば勝てるというものなのですが、チームごとに話し合いをした上で、選択をするのです。なのですが、私はチーム内でこれがいいと「ほとんどの人が選んだ選択肢は絶対に間違っている」という幼少時からの強い「観念」を持っていたので、その選択には反対しましたが、多数決のために私の選択とは違うもので選択されていってしまいました。

結果どうなったかというと、当然負けました。それも惨敗です。確かにセミナーでのゲームでは負けましたが、私の考えである、「みんなが選ぶなら、それを選ばない」という考えはそのゲームでさえ、9割がた成功する判断だったということが確認できたのがとても大きな収穫でした。

それから、そのセミナーで初めて、私の考え方は、ナイチンゲールが言っていた言葉であることもわかりました。「大衆は常に間違っている」成功したいならこの考えはとても大切です。

 

あなたが、もし一度も成功した体験が無いのならば、チャンスかもしれません。あなたがいいと思ったことと真逆に「行動」するだけで成功確率がグンと上がります

あなたが、もし一度も成功した体験が無いのならば、チャンスかもしれません。なんせ、今までの選択での成功率0%なのですから。そのあなたの成功率0%の考えをそのまま生かし。あなたが一生懸命検討した結果、選んだものは、選ばないだけで成功確率が上がります。これってすごいことです。なんせ成功率が0%だったのが、真逆の選択をするだけで成功率100%になるのですから。

とはいっても、世の中にはどんな成功、失敗を分けるような「選択肢」があるでしょうか?それは、あなたの人生で大きな買い物である、自宅、車の購入などが挙げられます。自宅の場合、賃貸にしようか、購入しようか悩みますよね。

そこで、私は実際大きな失敗をしてしまいました。自分では賃貸か、親と同居でいいなと思っていたのですが、自宅を戸建てで購入することを選んでしまったのです。その失敗の原因は、奥さんの意見を取り入れてしまったということです。

当然賃貸だと、周りの方の目や、近所づきあい、音の問題などがあるので、嫌だなと考えることが多いと思います。その意見を聞けば本来、私は「賃貸」を選ぶはずだったのですが、奥さんの強い希望で購入してしまいました。これには本当に後悔しています。

毎月の住宅ローンの支払いを7万円づつすること自体が、私の中では大誤算です。住宅ローンは「債務」でしかないのです。そのため、身動きが取れなくなってしまったのです。たとえば、もし家が手狭になっても、住み替えは出来ませんし、移住することになったら目も当てられません。さらに、自分のお小遣いが減るという最大の欠点があります

住宅購入は、財産だという人がいますが、それは間違っています。お金持ちになってきた今の私なら分かりますが、住宅は債務以外の何物でもないのでお金がないなら買うべきではありません。また、マンション購入なんてもってのほかです。戸建てなら、土地分で売れますが、マンションは立地によって、払った分が絶対に返ってきません。10分の1以下になるのもざらにあります。

お金を増やすためには、お金を増やしてから、その余剰金で家やマンションを購入すべきだと考えます。それをしないので、お金を増やすための「種銭」である給料が減るから、お金を増やしていけないのです。沢山の種銭を作り「投資」をして増やしていけるようになれば、家なんて現金で買えます。そういった思考にならないと絶対にお金持ちにはなれません。

インターネット上の嘘、詐欺情報をかいくぐって、本物を見つけるのは本当に大変ですが、少なくとも私の考えを取り入れていくことで、あなたの成功確率は上がっていきます。

 

私のこのサイト右上にあるMENUからメルマガ登録」し、そのメルマガから2019年6月現在、私が毎日4万9千円、月に直すと147万円お金を手にしている「仮想通貨を使った投資情報」、年収3000万円にした「不動産投資物件情報」、私が実際に毎月30万円稼げるようになったビジネス情報、「お金持ちになるための思考」など「一流の情報」を受け取れます。

2018年にはこのメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、2億円にしたかたもいらっしゃいます。2019年では、私の主催するコミュニティのメンバー全員がお金を毎日増やし、私やメンバーの2人が、300万円投資しただけで、2019年5月現在で、既に7か月以上毎月150万円お金を増やし続けている情報の、経過と結果を公表しています。そのような月利10%、20%のものが現在4種類まで増えました。年利ではなくて月利です。私は、公務員の時には見つけることが出来ませんでしたが、大金を支払ってお金持ちの先生達に情報をいただけるようになった今ではできるようになりました。私の「メルマガ」でお伝えするのは私が常にお金持ちのかたからもらっている、私達がお金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を常にお金持ちの先生達から手に入れ続けているからだけなのです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にし、実践すれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れないと言われた田んぼ畑などの土地、建物、ボロボロのアパートを売る答えを見つけた」相続問題が専門の行政書士の私がお答えいたします

スポンサーリンク




  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆