公務員の時「1億円」増やした私が「お金の増やし方」をお教えします

行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE

日本の「借金1100兆円」。その借金誰が払うの?「あなたですよ」


公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円以上を稼いでいた公務員ビジネスマン 天野浩史です

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収1000万円お金を増やせる仕組みを作らせています それが間もなく実現することができそうです

最近は小資本の10万円程度から始められ、「仮想通貨を使った投資」や「FXでプロにお願いして増やしてもら方法」など、一年で数十万、数年で数百万数千万円増やせる月利10%~20%の投資法がいくつか見つかりました。常にそれらと同じレベルの優秀な投資方法を探し続けています。2019年6月現在では4つほど見つかり、私と仲間で実践し、既に毎月120万円以上増やせています。そのため、仲間の一人は本業の年収200万円代ですが、一年以内に最低年収1000万円を超えるところまで来ました。この私の投資の実践記をこのサイト右上のMENUメルマガ登録」から受け取ることが出来ます。

この前、フェイスブックで、とある方が私の「日本の借金1000兆円」で、何とかしなければならない。そのためには、日本人一人一人が自力で稼げるようにならなくてはいけない。でもそれが出来ず、会社員や公務員として組織にぶら下がったままではいけないので、本当に自力で生活できるように、本当に稼げる方法を提供します。ということを書いたところ、不思議なことをおっしゃっていたかたがいました。

おそらく、間違った情報をうのみにされていると思いますので、「日本の借金1100兆円」の正しい情報をお伝えしていこうと思います。

日本の借金って本当に1100兆円もあるの?

この「日本の借金1100兆円」は「国債」の発行金額などとなりますので、その金額を国が発表、公開していますが、正しければその数字でよいと思います。

しかし、なんだか最近の国会の答弁で本当に正しい情報を発表しているのか疑わしくなってますね。

おそらく、この情報は間違っていないはずですが、どんなに偉い経済学者のかたでも、分かりません。真実は国しか分かりません。

実際のことは分かりませんが、現在公表されている1100兆円が正しいという前提で、今回は進めてまいります。

日本の借金は、大企業の留保金額などがあるから、そこからもし何かがあった時は補填されるので大丈夫なんですよという意見がありました。しかし、これは間違いですよ。

FACEBOOKで、とある方が、私に「1100兆円という借金は日本の借金は、大企業の留保金額などがあるから、そこからもし何かがあった時は補填されるので大丈夫なんですよ」という事をおっしゃった方がいますが、それはマスコミ、新聞、テレビ、雑誌の読み過ぎで、情報がごちゃごちゃになっていると感じました。

日本には1100兆円借金があり、大企業には内部留保のお金があるのは正しいとしても、大企業の内部留保分のお金で国の借金を賄うというのは、間違いで、そんなことにはなりません

会社自体が、国に寄付するつもりならばそうなるでしょうが、あくまで、会社という個人の資産であるので、勝手に国が回収するというわけにはいかないからです。

「あなたのお金を直接、国が借金で困っているから、お金を払ってくださいと言っているのと同じ」です。

借金が1100兆円に膨らんでいるのに、日本は本当に大丈夫なのか?

借金が多いのは、良いことではない場合もあります。でも、よい借金であれば多くてもいいのですが、私が思うには、国は税収などを上げるために、色々な先行投資をしているようですから、部分的にはいいのではないかと思いますが、どう考えても国民一人一人が稼げていないので税収が足りず、更に、アメリカの国債まで、抱えているという始末です。

財務状況は健全とはいいがたいですね。私はアメリカの植民地状態は続いている感じがしますが、みなさんはどう感じますか?

IMFから、消費税を17%以上にするように求められているのは知ってますか?

毎年の収支をプラスにするには、「消費税を17%」以上にすべきであると10年前からIMFから日本は言われ続けてきました、それでも消費税は近く10%にしか上がりません。

消費者側からすると、消費税が17%なんてとても払えないよなんて思いますが、実際そういう時が来ます。

1100兆円の借金がありながら、なぜ日本は破産しないでいられるのか?

その答えは簡単です。国債の所有者の多くは日本の銀行だからです。メガバンク5行だけでも350兆円の預金がされており、その銀行が、国債を所有しているので、今のところ国は破産しないでいられるのです。

実は、その預金がポイントなのですが、そのお金って誰のものかご存知ですか?そうですね、あなたのお金ですね。結局あなたの預貯金に負担を押し付けているので、破産せずに回せているということです。

国は国民に借金を払うように誘導している

ですが、ここで勘の言い方はお気づきだと思いますが、「どちらに転んでも結局国の借金を払わされている」のにお気づきになりましたか?

消費税が上がってそれで、借金を払うか、預貯金をして、それから払うかです。なので、私からするともしかしたら、国は国民に対して誘導をしているのではないかと感じます。

そして特に、国は国民に対して「国に1100兆円借金」があるから、結構危険だというアピールをして、その危機感から、国民を節約に誘導させ、国民意識に貯金をしなくちゃと思わせ、銀行にお金を貯めるように促しているように見えます。

ものすごく頭がいいですね。それで、銀行は、預金者に払う金利が安いので、余計、利益は少ないものの国債に投資するかたちをとって、稼ごうという銀行への誘導もできてますね。

国はインフレ率2%に加速させていますが、まだ、現状でも1.3%です。これ以上物価が上がるのですよ。あなたは耐えられますか?

インフレを加速させる時には、2%だとすると、ちょうど2%では収まりませんので2.2%くらいになる事もあります。 でも、現在でも生活が苦しいのに1.3%だから、このになるわけですから、あなたは耐えられますか?

また、預貯金は、年間4.7%ぐらい増やしていかないと、同じ金額でもお金の価値が毎年減っていってしまいます。ご存知の通り銀行の金利は0.001%です。銀行にお金を預けているだけでは、お金の価値がどんどん失われていくのです。

なので、「投資」をする必要があるのです。お金を貯めることは良いかもしれませんが「貯金」はそのままだとお金の価値が減って行ってしまうので良いことではありません。

自分の資産を守るために今から「投資」をしていく必要があります。

 

私のこのサイト右上にあるMENUからメルマガ登録」し、そのメルマガから2019年6月現在、私が毎日4万9千円、月に直すと147万円お金を手にしている「仮想通貨を使った投資情報」、年収3000万円にした「不動産投資物件情報」、私が実際に毎月30万円稼げるようになったビジネス情報、「お金持ちになるための思考」など「一流の情報」を受け取れます。

2018年にはこのメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、2億円にしたかたもいらっしゃいます。2019年では、私の主催するコミュニティのメンバー全員がお金を毎日増やし、私やメンバーの2人が、300万円投資しただけで、2019年5月現在で、既に7か月以上毎月150万円お金を増やし続けている情報の、経過と結果を公表しています。そのような月利10%、20%のものが現在4種類まで増えました。年利ではなくて月利です。私は、公務員の時には見つけることが出来ませんでしたが、大金を支払ってお金持ちの先生達に情報をいただけるようになった今ではできるようになりました。私の「メルマガ」でお伝えするのは私が常にお金持ちのかたからもらっている、私達がお金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を常にお金持ちの先生達から手に入れ続けているからだけなのです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にし、実践すれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れないと言われた田んぼ畑などの土地、建物、ボロボロのアパートを売る答えを見つけた」相続問題が専門の行政書士の私がお答えいたします

スポンサーリンク




  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

人気記事はこちら

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆