公務員の時「1億円」増やした私が「お金の増やし方」をお教えします

行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE

「1億円」不動産投資で稼いだ元公務員の私が、「悪質不動産会社」を「見抜く」方法を教えます 


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです。

現在は、投資とビジネスで年収4000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収1000万円お金を増やせる仕組みを作らせています それが間もなく実現することができそうです

みなさんは不動産投資で失敗しないためにはどうしたらよいとお考えでしょうか? 不動産投資を失敗しないために必要なことの1つに、信用できる不動産選びがあります。

しかし、人の心の中を見ることはできませんので、なかなか難しいところです。 そんな難しい不動産会社の選び方でも、コツはあります。それを今回は、ご紹介していきます。まずは、不動産投資物件を販売する会社の悪質度チェックからしてみましょう。

[不動産会社の信用度チェック]3つ以上当てはまったら、悪質な不動産会社の可能性大

私は以前、30社以上もの不動産会社と日替わり、連日連夜、休日返上で6カ月以上不動産投資の相談をしたことがあります。当時、不動産投資の初心者だった私は、不動産投資の意味なんて全く分かっていない、不動産投資の超ど素人ですから、不動産会社の社員の言葉を全てうのみにして、言われるがままに誘導されていたことを覚えています。

当時不動産投資の初心者だった私に、不動産会社の社員が私をだまそうとしているのか、この会社が悪い会社なのかを分かるはずもなく、不動産投資をして、収入を増やしたいのに、何も進んでいかない状態が長いこと続きました。

そんな私の経験と、これまで100社以上の不動産会社と、不動産投資の相談をしてきた実績を元に、「悪質な不動産会社にありがちな、悪質な回答」をまとめてみました。以下のようなことが3つ以上当てはまったら、その不動産会社について、注意をしたほうが良いのかもしれません。

投資物件を販売する不動産会社の悪質度チェックリスト(ポイント:3つ以上当てはまったら、悪質な不動産会社であることが濃厚です)

投資物件を販売する不動産会社の悪質度チェックリスト

● 無駄にイライラしている
● 不動産会社からかかってきた電話で、後ろから大きな笑い声などが聞こえてくる
● 約束の時間を守らない
いいことしか言わない
リスクを言わない
● 自分からの質問に対して、後日回答しますと言って、結局回答せず。再度確認しても、結局答えない。(都合の悪いことを隠す)
● 今までできないと言っていたのに、急に手のひらを返したように回答がたびたび変わる
● 他の不動産会社の悪口を聞いてもいないのに話し出す
● その場で、売り込もうとし、すぐに結論を出させようとする。
● 断っても、しつこく売り込んでくる

チェックの数が2つ以下であれば、悪質な不動産会社と決めつけるのはまだ早いです。不動産会社は歩合制なことが多く、不動産会社の社員も、業績を上げるために頑張っているので、ついつい焦ってしまって、上記のような態度になってしまっているのかもしれませんし、新人の人だと、社会経験が少ないので、どうしたらお客さんが買ってくれるのかが、分かっておらず、テレビ通販のような売り込みを真似してしまっているだけなのかもしれません。しばらくは、その不動産会社の社員と言葉のキャッチボールを続けてみてください。

チェックの数が3つ以上ある場合は、要注意です。チェックした数が多いほど悪質な不動産会社である可能性が高くなります。しかし、ここで注意してほしいのが、その社員だけに問題があり、悪質な対応をしているけれども、実は不動産会社自体は良心的で上記のチェックに当てはまらず、他の社員も上記のチェックに当てはまらない場合があるので、十分注意してほしいです。そのため、セミナーなどに行って、その会社の状況をよく自分の目で確かめるということが必要です。

私も、このような不動産会社自体は良心的で問題がないのだけれど、担当が悪かったという経験をしています。その悪質な対応をしている社員は、後日退社したというのを聞きました。

悪質な不動産投資物件を販売する会社」不動産投資で失敗しないために、あなたがとるべき行動とは

疑問をストレートにいてみる

不動産投資物件を販売する不動産会社の言っていることが、本当のことを言っているのか、嘘なのか、いいことしか言わず、あなたにリスクとなるようなことを言わないのか、本当に自分に利益がある物件なのか疑ったら切がありませんし、疑っている限りは、不動産投資を早くやってみたい思っていてもやれません。

確かめ方としては、投資物件を販売する会社に疑問をストレートに聞いてみて、その反応を確かめてみるのが良いと思います。

不動産投資物件を販売する会社に自分の疑問を質問し、記録をとる

とにかく、その投資用不動産を販売する不動産会社に、自分の考えていることをストレートに伝え、その回答をしっかり記録しておくことが大切です。

不動産会社との会話の記録をノートなどに記録している姿を、その不動産会社の社員に見せることで、間違った回答を言わないように気を付けるようになることや、嘘や、大げさな情報を回答されにくくするという効果もあります。要するに、間違った情報のフィルターをかけ、正しい情報だけもらっているような感じです。

同じ質問を、新築が得意、中古が得意、アパートが得意な会社など色々な種類の、30社以上の会社で聞いてみる

それでも、間違った情報をもらうことがあります。その間違った情報が、間違っているかどうかを確認するのには、どこで確認するかというと、その会社以外の投資物件を販売している会社で、同じ質問をしてみることです。

そして、同じ回答がされるかどうかでチェックするか、先回、回答してくれた会社の回答内容を伝え、「~と聞いているのですが、そうなんですか?」と聞いて、その通りですねという回答があれば、正しい情報だったということが分かります。

しかし、そこで注意しなければならないのが、それは間違っていますという意見を言う会社です。前に聞いた会社の後に聞く会社のほうが、有利になってゆくのはご存知でしょうか?

なぜなら、前の会社の情報は間違っており、信用できないので、うちの会社の情報が正しく、信用できる会社なので、うちの会社を選ぶのが良いですよ。という流れになってしまいます。

そのため、また、元の会社に「別の○○という会社が、こんなことを言ってますが本当なのでしょうか?」と確認することと、更に別の会社でも、同じ質問をしてゆくことがとても大切です。それを繰り返してゆくうちに、多数決みたいに、全部の会社で同じ回答があった情報は、正しい情報です。

また、30社にあったって、ほとんどの会社が同じ回答があったのにもかかわらず、1社だけ違う回答があった場合、みなさんはどう思いますか?間違った情報だと決めてしまいますか?

確かに、間違った情報の可能性が高いですが、実はその情報が、お宝情報であるという場合もあるのです。なので、その時点では間違った情報であると決めつけるのは、早すぎます。注意だけにとどめておいてください。

30社あたるときに気を付けてほしいのは、必ず、新築、中古、区分所有マンション、アパート、戸建など様々なジャンルの会社にして、偏らないようにしてください。偏ってしまうと、30社あたる意味がなくなってしてしまいます。

偏った種類の投資用物件の不動産会社ばかり調べていると、本当はより多くの利益がもたらせられるのにそのチャンスを失うことがある

とても当たり前の話なのですが、新築の投資用不動産を専門に販売する、不動産会社の社員は、自分の販売している投資用不動産物件のことはとてもよく知っているのですが、他の会社の不動産物件のことはよく知らないのです。

ですが、お客さんに知りませんと答えると信用が下がってしまうといけないので、結構知ったかぶりをして、あたかも知っているかのように、普通だれでも思いつくようなことしか言いません。

更に、聞いたとしても、自分の会社の物件以外にお客さんにより多くの利益を生み出す、よい物件があっても、自社の物件以外を売ることは絶対にしません。

新築の投資用不動産物件を専門に販売している会社からは、中古物件の良い情報は、全く得られません。 逆に、中古の物件を専門で売っている会社は、新築の物件をすすめません。

このように30社を全く違う種類の投資物件を扱う会社に相談するだけで、様々な投資方法どうしの比較ができ、自分の資金、銀行の融資によって、より収益性の高い投資物件を選ぶことができます。

例えば、中古の区分所有マンションという単一種類の会社ばかり見ていると、中古の区分所有マンションなら、1部屋だけで、購入価格が2000万円に対し、月の家賃は6万円くらいが限度となる事が多いですが、1Kの部屋が8部屋あるアパート1棟買いができる条件がそろう方なら、1棟の価格が7500万円だとしても、1部屋の家賃が6万円だとすると、1月で48万円入ります。

中古区分マンションが、2000万円で、8部屋1Kのアパートが7500万円だと、料金はおよそ4倍弱なのに、家賃収入は8倍です。このことより、費用対効果がアパート1棟買いのほうが、区分所有マンションより高いといえます。

とりあえずでよいですので、少しづつ、違った種類の投資物件を調査していきましょう。その中で、自分では、銀行がお金を融資してくれるわけないなと思っていたところ、希望融資額全額を融資してもらえることはあります。

私も、不動産投資の初心者のころは、不動産投資をするのには、現金を貯めて買うしかないので、お金持ちの人だけがアパートや、マンションを持てるものなんだと、勝手に思い込んでいました

しかし、セミナーに行ったりして、不動産会社の人が介入してもらったとたんに、満額融資がしてもらえることが分かってきました。思い込みだけで止まってしまっていることがあります。とにかく行動するのが大切ですね。

私のこのサイト右上にあるMENUからメルマガ登録」し、そのメルマガから2019年6月現在、私が毎日4万9千円、月に直すと147万円お金を手にしている「仮想通貨を使った投資情報」、年収3000万円にした「不動産投資物件情報」、私が実際に毎月30万円稼げるようになったビジネス情報、「お金持ちになるための思考」など「一流の情報」を受け取れます。

2018年にはこのメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、2億円にしたかたもいらっしゃいます。2019年では、私の主催するコミュニティのメンバー全員がお金を毎日増やし、私やメンバーの2人が、300万円投資しただけで、2019年5月現在で、既に7か月以上毎月150万円お金を増やし続けている情報の、経過と結果を公表しています。

そのような月利10%、20%のものが現在4種類まで増えました。年利ではなくて月利です。私は、公務員の時には見つけることが出来ませんでしたが、大金を支払ってお金持ちの先生達に情報をいただけるようになった今ではできるようになりました。私の「メルマガ」でお伝えするのは私が常にお金持ちのかたからもらっている、私達がお金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を常にお金持ちの先生達から手に入れ続けているからだけなのです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にし、実践すれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かるアパート」を売ってくれる会社は「アスライフ」です

土地、建物で「売れずに困った」全て「解決」できる不動産会社を見つけた。田畑、空き家、古いアパートの問題が「解決」

スポンサーリンク




  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

人気記事はこちら

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆