普通の公務員だった私が投資で1億円稼いだ方法で、あなたをお金の不安から救いたい

投資 ビジネス「公務員ビジネスマン天野浩史」OFFICIAL BLOG SITE

人生の窮地に何度も追い込まれてきた私が、人生の窮地に追い込まれた時の抜け出し方お教えします「その道の先生に聞くだけですよ」


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円をかせいでいました、公務員ビジネスマン 天野浩史です

現在は、投資とビジネスで年収4000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収1000万円お金を増やせる仕組みを作らせています それが間もなく実現することができそうです

最近は小資本の10万円程度から始められ、「仮想通貨を使った投資」や「FXでプロにお願いして増やしてもら方法」など、一年で数十万、数年で数百万数千万円増やせる月利10%~20%の投資法がいくつか見つかりました。常にそれらと同じレベルの優秀な投資方法を探し続けています。2019年6月現在では4つほど見つかり、私と仲間で実践し、既に毎月120万円以上増やせています。そのため、仲間の一人は本業の年収200万円代ですが、一年以内に最低年収1000万円を超えるところまで来ました。この私の投資の実践記をこのサイト右上のMENUメルマガ登録」から受け取ることが出来ます。

私は、人生で何度も窮地に立たされてきました。私の人生での初めの窮地は3歳の時の様です。高熱で脱水症状になり、入院をしていたようです。私は3歳の時の記憶は全くありませんが、母から聞きました。死ぬか生きるかの瀬戸際だったようです。その時に同じ病室にいた、韓国人のみっくんという子が私をかわいがってくれたそうです。次に中学2年生の12月に、腸捻転という病気にかかってしまい、生存率25%くらいだと、両親や家族が説明を受けたそうです。私は、既に意識が無かったので覚えていませんが、生きててよかったと感じます。死亡確率75%なわけですから、死んでもおかしくなかったわけです。今、健康に生活できているというのが奇跡としか言いようがありません。

そんな、生命の危機もありましたが、お金についての危機としては、1億円かかるものも出てきたりして、年収650万円のときの公務員だった自分には何ともならない窮地に追い込まれたものでした。でも、私は小学生の時から、両親や先生に教えられた「困ったことがあったら、先生に聞けばいいんだよ」というのを常に実践し続けています。それによって、全ての難問奇問が解決していったといえます。今回は、人生の窮地に追い込まれた時、どうやって解決していけばいいのかを考えていこうと思います。

人生の窮地で多いのは、お金に絡んで、窮地に追い込まれることが多い気がする あなたはどうですか?

私の場合の人生の窮地は、ほとんど、お金によるものか、病気によるものしかないように思えます。病気による窮地については、自分の体力や生命力もあるので、難しいところはありますが、高額なお金を出せば治るようなことも多いです。お金が無いために起こる窮地というのは、本当に多いなという感じがします。

私が、人生で一番困ったのは、10年前に6800万円を支払う必要に迫られた時でした。当時の私は公務員だったので、その年収は600万円程度しかなく、妻と子供がいますから、預貯金も多くありません。あなたならどうしますか?私は当時、なんとかそれを乗り切るために、とにかく支出を減らすことと、そしてお金を増やすことを考えました。それで、まず、節約のため、車を売り、自転車通勤に切り替え、お金を増やすための種銭を作りました。そのお金を使って、私の中でお金を短期間で大きく増やす方法は、株式投資しかないと考え実行しました。

当時のお金を増やす方法としては、まだ、仮想通貨は無かった時ですから、株式投資FX、投資信託などの金融商品不動産投資企業投資くらいでした。その中で、小資本で、お金を大きく増やせるものというと、FX株式投資くらいしかありませんでした。私はとにかく必死に、株式投資の先生を探しました。実は、10年前の私は株式投資どころか、何も投資というものをしたことが無かったのです。

運よく、私が当時消防団と言って、町内の消防活動をしている集まりに所属していたのですが、その仲間の中に、株式投資がとても得意な仲間がいたのです。その彼に株式投資を教えてもらいました。そのおかげで、とりあえず、株式投資を始めることが出来、数年で200万円を1200万円に増やすことができたのでした。とはいえ、6800万円にはまだ届きません。そのため、始めたのが不動産投資と、税理士の先生に6800万円の支払いに対してどうしたらいいのかを聞きました。数年かかりましたが、その結果、6800万円の支払い問題は解決しました。今では、全く何事もなかったかのように過ごしています。

自分で出来ないことは、その道の先生に聞くだけです

私がこの時にやった行動は、お金や、税金を減らすスペシャリストである、税理士の先生に相談したことと、お金を増やすスペシャリスト、株式投資の先生、不動産投資の先生にどうやったらお金を増やせるのかを、同時に教えてもらったからです。自分で出来ないことは、その道の先生に聞けばいいだけでした。

私は、この出来事が起きてから、特にお金で困ることは、どんなに頑張って公務員の仕事をしていても起きてしまうんだなということでした。本当に人生に何が起こるか分からない恐怖を味わったのでした。そのため、今では人一倍、情報収集と行動をしています。よく、そんなに頑張らなくてもいいのではないかと考えている人や、投資を全くしていない人を見かけますが、本当にうらやましく思う時があります。

私が人一倍お金を大切にするのは、お金が無いために窮地に追い込まれることが多く、お金があれば、そんな困りごとを避けられると思うからです

あなたは、私のような大金の支払を迫られることはありますか?あまりないですよね。でも、お金の無いときに限って、車が壊れたとか、洗濯機が壊れたとかでまとまったお金が必要になるときってないですか?そんな時でも、いつも、使いきれないお金が常に手に入るようになっていたら、どうでしょう。生活をしている中でお金で困ることは起きないと幸せですよね。私はそんな理想的な生活をしたいと考え、今真剣に取り組んでいます。

私も、投資で特に生活が出来てしまうくらいの規模の不動産投資が出来るようになるまでは、お金を増やすのは、汗水たらして働かないとお金を受け取ってはいけないものだと勘違いをしていました。実際に不動産投資や事業投資、その他仮想通貨を利用した投資をしてみると、全く労働をすることなくお金を増やすことが出来るのです。

私は、お金は道具だという考えに変わりませんが、お金は自分や家族を不幸から守る道具、幸せにする道具だと思っています。なので、たくさん増やすほうがいいのだと思っています。ですが、私がいつも会っている社長さんの中には、今の事業で楽しみながら儲けることをしている社長が多くいます。それはそうですよね、事業というのはそういうものです。ですが、私の場合、お金がとにかく増えることが楽しい感じがするのです。なので、お金がものすごくたくさんになって、使い切れなくなっても増やすのがとても楽しいと感じるのだろうと思います。

人によって、お金の増やし方に考えがあると思いますが、私は、テレビゲームでスコアが増えていくのに近いかなという感じがします。お金は無ければ困ることが起こりますが、多くて困るということはありません。唯一、相続の時にたくさん払うのが気に入らないと思うくらいのものでしょう。

私のこのサイト右上にあるMENUからメルマガ登録」し、そのメルマガから2019年6月現在、私が毎日4万9千円、月に直すと147万円お金を手にしている「仮想通貨を使った投資情報」、年収3000万円にした「不動産投資物件情報」、私が実際に毎月30万円稼げるようになったビジネス情報、「お金持ちになるための思考」など「一流の情報」を受け取れます。

2018年にはこのメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、2億円にしたかたもいらっしゃいます。2019年では、私の主催するコミュニティのメンバー全員がお金を毎日増やし、私やメンバーの2人が、300万円投資しただけで、2019年5月現在で、既に7か月以上毎月150万円お金を増やし続けている情報の、経過と結果を公表しています。そのような月利10%、20%のものが現在4種類まで増えました。年利ではなくて月利です。私は、公務員の時には見つけることが出来ませんでしたが、大金を支払ってお金持ちの先生達に情報をいただけるようになった今ではできるようになりました。私の「メルマガ」でお伝えするのは私が常にお金持ちのかたからもらっている、私達がお金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を常にお金持ちの先生達から手に入れ続けているからだけなのです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にし、実践すれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れないと言われた田んぼ畑などの土地、建物、ボロボロのアパートを売る答えを見つけた」相続問題が専門の行政書士の私がお答えいたします

スポンサーリンク




検索

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆