公務員,会社員の味方

元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意

公務員の定年が65歳に、でも「一度きりの人生」それでいいの?


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。

今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収500万円お金を増やせる仕組みを作らせています 間もなく実現できそうです

公務員の定年が65歳に、でも「一度きりの人生」それでいいの?

公務員の定年が、2033年までに、3年ごとに1年ずつ延長するという案が去年から出ているようです。

これに対して、私が公務員だった時の元同僚は喜んでいる人が多いのですが。

私はとても違和感を覚えます。

この定年の延長が出てきた背景は、当然国家公務員の年金受給開始の65歳の穴埋めのためであるのは間違いなく。

それもどうかとは思いますが、それよりも何も、公務員のまま一生を終えてしまってもいいのだろうかという疑問すら感じない元同僚たちの、喜びの感想がとても心配になります。

本当に定年が延長されると幸せになれるのでしょうか?

これから読み取れるのは、公務員のほとんどの方は、定年間際になると、「お金」のことしか考えていないので、良い仕事ができているとは思えません。

私も大学を卒業して、10年くらいの間に上司となった方たちの行動や、考えを振り返ってみても、本当にお粗末なものでした。

そのころの自分としては、この人たちのやっている仕事なら簡単に自分でもできるなという感じでした。

そんな程度の仕事しかしていないのに、給料は当時の私の倍以上もらっていたのには本当に驚きです。

案の定、自分が上司になってみると分かるのですが、そんなに難しいことはやってません。

きついとか、みんなが嫌がるものではあったものの、難しくはなかったです。

人間がどんなに仕事をたくさんしようとも1日24時間しかないのですから、結局手分けをするしかないので、正しい指示だけできれば組織がなんとかこなしていきます。

なので、新卒の22歳の人でも、高給取りの60歳の幹部の仕事は出来るに決まっています。組織とはそういうものです。

一見確かに、定年の60歳くらいになると、そんな誰でもできてしまう仕事を年収で1000万円ももらえるのですから、美味しい仕事にみえます。

でも、比較するものが、年収400万円以下の仕事と比べると確かに、美味しすぎる仕事にみえます。

ですが、年収1000万円の人が見ているのは自分よりも年収が少ない人ばかりなのです。

私が、公務員で副業の不動産投資だけで年収2000万円の時には、自分よりも年収が低いかたのことは全く気にしてませんでした。

逆に年収1億円になるにはどうすればいいのかを毎日必死に考えていました。

公務員や会社員のままでは定年後、豊かな生活は絶対にできません

その答えとしては、一気に年収1億円に増やすのではなく、年収100万円とか、年収500万円増やせるものを複数手に入れることが大切で、それを増やすことをしていけば自ずと、年収1億円になるということが鮮明に分かってきました。

そこからの行動はかなり早かったです。なので、それに気づいたのが半年前ですので、まもなく現実になってきます。

でも、公務員や会社員の場合、副業が禁止されているので、どんなに頑張っても年収1000万円がせいぜいです。

さらに、定年後は月に25万円の年金がもらえたとしても、残念ながら公務員や会社員の時の、現役の豊かな生活は出来ません。

というか、貧乏暮らしになってしまいます。

私が特に大切にしているお金の増やし方の一つが、「不労収入」です。それは「不動産投資」「権利収入」などのことです。

不労収入の場合自分が、病気やけがで働けない状態になっても毎月、しっかりお金が入ってきます。また、自分が死んでも家族に入ってきます。

そういうものに、毎月の給料収入などで入ってくるほとんどを移し替えていったということです。

この移し替えが出来てくると、それを増やしていけば、収入がまた増えていきます。

公務員や会社員の場合は、定年が延長したところでいつまでたっても綱渡り状態で、危険なのです。

傷病手当、障害年金、失業手当がもらえても、豊かな生活とは程遠い、最低限度の生活しかできません。それが、社会保障というものです。

それで良しとすればそれでもいいのですが、そうでないと感じるなら、すぐに行動したほうがいいと思います。

私も、結局将来のことが公務員のままだと心配で、心配で仕方なかったのと、一流企業に勤めていて、年収1000万円の給料をもらえていた方が、コンビニの駐車場で、後ろから自動車に引かれたことで、下半身不随となり、仕事が出来なくなったのです。

そのため毎月20万円程度の障がい者年金だけで生きていくことになってしまった方の相談を、私が公務員の時に受けたことから、公務員のままではだめだなと強く思うようになりました。

彼は泣いてました。ローンで購入した家も返済できないので、手放す必要も出てしまったようです。

一番いけないのは「他人事だと思っていること」です。病気、けが、事故でいつ生活がくるってしまうか分からない現実を直視してください

私は、もともと、感受性が高く、人のことを自分のことのように考えることが出来る人間でしたので、世の中の問題を抱えているかたの話しを、真剣に考えそれを解決するために毎日考えてきましたが、あなたはそれが出来てますか?

私とあなたの差は恐らくそれだけの違いです。他人の問題を解決することが出来れば、全て自分の利益になるのです。

それは、公務員の場合、窓口にくる問題を抱えた人のなやみでも、ビジネスでも全てです。

また、これらの問題を解決できれば、あなたは大金持ちにもなれるでしょう。

ビジネスをしている方はすべて、問題を解決するものを提供できるから、お金を受けとることが出来ているだけなのです。

例えば、私が行っているビジネスに、高給バッグの修理がありますが、メーカーでも直せないことを当方の職人は直すことが出来るので、お客さんに喜んでもらえ、その代わりにお金を受け取ることが出来ています。それもたくさんです。

これと同じで、お金を稼ぐことが出来ず、借金も抱えて生活が苦しい方を救うどころか、年収3000万円のお金持ちにさせることが出来るようになったら、お客さんも喜んで、お金を払ってくれますよね。

実際私がやっていることがそれです。手助けのレベルではなく、本当に助かる仕組みを手に入れ、提供しているだけです。

私は、世の中の問題点や、大金持ちの方が行っているお金持ちになる方法など、一見どれも信じられないようなものですが、私は「他人事だと思っていない」ので、全て受け入れて成功しているのです。

ですが、多くの方は、問題があっても運が悪かっただけ、とか自分は大丈夫だとか思ってしまっています。

また、本当にお金が増やせる方法を私が持っていても多くの人は、それは自分ではまねできないとか、運のいい人だけがお金持ちになれると、思ってしまっているのです。

きづいて、どうすればいいのかを考え、その答えを出せえる人をとにかく探しましょう。必ず答えは見つかります

これは、私の妹も同じで、お金を増やす方法が実際に私は持っていても、まねしようとしません。

これって、どうしようもないことかもしれませんが、少なくとも、お金で苦労するのも、お金を稼ぐのも、他人事でなく、やれば解決できる方法ははいくらでもあることに気づいてほしいと思います。

私が、実名でを出し、会社も設立し、行政書士という立場を得ていることからも、他のネットででてくる嘘情報でないとお分かりいただけると思います。

他の人が抱える問題はいづれ、あなたにも起きる問題だと真剣に考え、どうしたらその問題が解決するのか考え、その答えを導き出す方法を手に入れ、提供すれば、あなたにも幸せが訪れます。

お金に困って生活できない人が、問題を解決できると、みんな、喜んでお金をあなたに与えてくれるようになりますよ。それが私が現実にやっていることです。

まずは、定年が延長しようがしまいが、年金がもらえようがもらえまいが、あなただけの力で生活できる強い体力を作っていきましょう。

あなたが成功するために必要だと思う最新情報をメルマガで提供してます

このサイト右上にあるMENUから「メルマガ登録」し、そのメルマガから私が公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円にし、2019年11月現在、年収4000万円にした「不動産投資情報」私の主催するコミュニティメンバーが成功している「仮想通貨」「FX」などでお金を増やす情報。私がどんどん収入を増やせている理由「お金を増やすための思考」を受け取れます

土地、建物で「売れずに困った」を「解決」できる不動産会社があった


検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆