公務員が副業の不動産投資などで1億円稼いだ方法で、皆さんを稼げる人にしたい

不動産投資 ネットビジネス「公務員ビジネスマン天野浩史」OFFICIAL BLOG SITE

「浪費家」の公務員の私が「お金持ち」になった理由「お金を稼ぐ」より「お金を増やす」を覚えたからです。公務員、会社員のあなたへ


公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円以上を稼いでいた「公務員ビジネスマン 天野浩史」です

私は、今も毎日お金を増やす方法を探求し続けています。特に去年からは、本腰を入れてます。なぜなら、私が公務員をしていた時には、公務員は「副業禁止」だったので、どうしてもお金を増やしていくのに制限があったからです。なので、公務員をやめて本腰を入れてお金を増やしていくことに集中しています。

私が公務員の時には、本業の公務員の給与収入が年間で650万円で、その時副業の「不動産投資」だけの年収が2000万円あったのですが、公務員を辞めてから現在1年間で、不動産投資とビジネスで「不労所得」での年収を3500万円に伸ばしました。今後も、不動産投資物件を増やしていく計画です。

 

 

私は、今では不労収入の年収が増え続ける「お金持ち」ですが、30歳の時の「浪費」はひどかった

そんな私でも、15年前の30歳くらいの時は、目も当てられないくらいの「浪費家」でした。当時の年収は360万円くらいだったとおもいますが、毎月の給料30万円をきれいに全部、バイクと車に使い込んでいました

さらに、ロレックスを買ったり、高級な洋服で同じような物をいくつも買っていた時がありました。バイクのブーツなんて本当にどれも一緒じゃないかと思うものが10足とかありましたからね。

そんな、超「浪費家」だった私が、「投資家」となったきっかけだったのが「子供の誕生」です。でも、当時の超「浪費家」だった私は、またそこでも、「浪費」をしてしまうのです。それは、結婚前に「新築一家建て」を購入することにしました。

なんだか、書いている文字が真っ赤なのは気のせいでしょうか?今の不労収入をどんどん増やしている超「投資家」の私が、当時の私にもし、一言伝えることが出来るならば、「家なんか、浪費なだけだから買うんじゃない」と伝えたいですね。

毎月、「住宅ローンを支払うこと」が当時の超「浪費家」の私はお金を増やしていくのに、一番悪いことをしていることすら気づいていませんでした。

案の定、毎月7万円の住宅ローンを払うようになり、自分のお小遣いも月1万円となり、公務員の仲間と同じ状況になり、これが当たり前のことだから、と何も疑う余地がありませんでした

公務員や会社員はみんなこんな苦労をしているんだなと言う感覚でしたが、本当にお金が少なくて「浪費家」だった私は今にも、暴れだしそうでした。こんな状態で、定年まで、続けられるのか?と少し思いましたが、退職金で返済すればいいと甘い考えがありました。

それでも、自動車とバイクは手放していませんでした。毎月燃料代だけで、毎月1万5千円、職場の駐車場代で、毎月1万円、とても払って行けそうもなく、「子供の誕生」とともに、バイクと車を両方とも手放すことにしました。

 

子供の誕生とともに「自転車」通勤へ

現金は、車は改造のし過ぎでたった25万円にしかならず、バイクは買った時は300万円したのに、人気車にもかかわらず、100万円にしかなりませんでした。そのお金を全て、生活費に回すことにしました。

自転車通勤本当に苦痛でした。片道5キロ、時間にして25分かかりますし、雨の日、風の日、雪の日、台風の日は本当に最悪で、暑い日、寒い日も本当にきつかったです。

でも、そんな「自転車通勤」でよかったことは、毎月かかっていた、燃料代、駐車場代がかからなくなったのと、職場での自転車の駐輪は無料である事、これはきっと当たり前なのですが、さらに職場の入り口の目の前に駐輪できてしまうというVIP待遇です。

また、毎月の5キロ以上の通勤距離の場合に支給される、通勤手当の6100円が、いままでマイナスで足して払っていたのが、なんとプラスのお小遣いになってしまったのです。これは本当にうれしかったです。「節約」をしてお金が増える喜びをしったきっかけでした。

自転車通勤を始めたころは、半日ぐらい疲れてしまって、仕事が手につかない状況がありましたが、やがてなれて平気になりました。思い返せば走行距離の合計は1日10キロ、1月に20日ですから月に200キロ、1年で2400キロ、15年で、36000キロって、地球1周が約40000キロですから、ビックリですね。そんな中、リーマンショックがやってきます。

 

リーマンショックをチャンスに変えて「投資家」に変身

とはいえ、毎月のお小遣いが、1万円だったのが、増えたわけではありません。なので、何とかしたいと思いながらも、職場も結構ブラックで、働いた分の給料はでませんでした。途中から、最近になって出るようになりましたが、当時は100時間残業をしても残業代が月に2万円くらいでした。

そんな時に、私の目の前にとても分かりやすいチャンスが訪れたのです。それは「リーマンショック」です。ITバブルから5年も経たずに、景気が後退していったのでした。

私は、本も、雑誌も新聞も全く読まないので、唯一の情報源はNHKの朝の番組でした。そのなかで、たった15秒くらいですが、毎日日経平均株価の動きを教えてくれるので、今、ものすごくどの株も安いという事がよくわかりました。

そして、夜の9時のNHKのニュース番組で、「オリックス」の悪い情報が毎日入ってきました。凄く悲惨な株価の暴落だなと言うのが株を全くやったことも、投資を全く何もやったことのない私にもひどさがよく伝わってきました。

そこに、私の友達で株をやっている子がいて、「オリックス」を持っていたようですが、大損をしたと嘆いていました。そうか、そんな酷い株なんて避けたほうがよさそうだと思っていたのですが、その大損をした彼が言った言葉が私にスイッチを入れました。トリガーって言うのでしょうか?

お金があったら、今「オリックスを買うのになぁ」と訳の分からないコメントでした。あんなに損したとか、酷いと言っているのだから、避けるのが当然だと思っていたのですが、株の場合は安くなったときに買うことが出来れば儲かるのです

私はチャンスと思い、前にバイクと車を売ったなけなしの全財産の125万円を、なんと全額株に投入したのでした。それも、その酷いと言われていて、以前暴落を続けている「オリックス」株を買ってしまいました。

でも、普通はいくらか残してと考えるのでしょうが、毎月の給料を全額車に投入できる、一見ダメな決断が出来ていたので、即断即決しました。買った時は、今でも覚えていますが、1株2700円くらいの時です。

この「オリックス」株は、最高で1株36000円だったのですから、超格安なのが株式投資超ド初心者の私にも分かりやすかったです。そして、買って直後から、毎日連騰が始まりました。たしか、4日連続でストップ高になった記憶はあります。

そこから、数年かかりましたが、ほったらかしで、1200万円になったところで、売ることができました。それまでも、証券会社の担当がいらない情報を私に言ってきて、利益確定をしたほうがいいのではとか言ったので、株式投資超ド素人の私は、言われるがまま一旦売りました。

でも、売った直後にどんどん値段が上がっていったので、もう一回買うときに高い値段で買う羽目になり、証券マンは何を言っているんだかと、それからは証券マンの話を聞かないことにしました。

今となれば、証券マンや、株式投資のアナリスト、コメンテーターの話なんて全く聞く必要ないです。なんでかと言ったら、あの人たちは株で稼げていないですから。稼げない人の話を聞いても意味ないですよね。あなたも十分注意してください。

「株式投資」から、「不動産投資」へ 自分と株式投資と不動産投資の3本柱でお金持ち

今でも、株が暴落したら株を大量に買うだけの簡単株式投資方法を私はあみ出してしまったので、手ぐすねこねて、株価の暴落を待っているのですが、全くその様子がありません。

なので、「不動産投資」を並行してやっていこうと思いついたのです。きっかけは、祖父と叔父の「相続対策のための不動産投資」を手伝ったことです。二人とも80歳を超える高齢のため、自分たちで「相続対策」「相続対策のための不動産投資」を考えるのがもはや難しくなっていたので、私が代わりに引き受けました。

確かに大手の不動産会社で決定してしまったので、現在の私からみると、60点くらいの選び方しかできませんでしたが、それでも当時は毎日毎日不動産投資のことを勉強し、比較し、検討し利益が一番出るものを選んだのです。

でも、今の日本で屈指の不動産投資をしていると自負している私からすると、60点でしかなかったので、申し訳ないと思います。ただ、その他のメーカーの物は、赤点ぎりぎりの30点の物ばかりしかないので、当時の「不動産投資」超初心者の私によくやったと言ってやりたいです。

そこで、気づいたのが、アパート経営をするのにあたっても、地主であるかどうかは関係なく銀行は条件さえ整えば「融資」お金を貸してくれるということです。

確かに、超浪費家だったわたしでしたが、住宅ローンを抱えた状態でした。そこに、1億円を超えるような借金をする「アパート経営」なんて、怖くてしょうがなかったのですが、祖父と叔父のアパートの収支を見ていたので、ものすごく儲かる事業なんだなという事が分かっていました。あとは自分の決断だけです。

そこから先は、みなさんもご存知の通り、アパート4棟所有、44室。年収3000万円。すべての諸経費、税金、銀行への返済を除いて純粋な手残りが、1000万円。あと6年で、太陽光とアパート2棟の銀行への返済が完了するので、非常に楽をさせてもらってます。

大金持ちからの超一流の情報、アドバイスで年収5000万円、年収1億円はもうすぐです

自分だけの労働収入だけではこんなに年収は増やせませんでした。お金を稼ぐより投資でお金を増やすことが出来るようになって本当に良かったです。

自分自身の収入が年間でまだ、1000万円くらいなので、これを大幅に増やすことで、年収5000万円はねらえるようになります。ですが、超短気の私からすると、ものすごく年収が増えるスピードが遅いと感じています。そこで、私が去年から、ひたすら続けているのが、大金持ちのかたのコミュ二ティに入る事です。周りの人の年収で、自分の年収が決まるという法則があります。それを素直に確実に続けています。

それによって、大金持ちのかたの情報が最近ですが入るようになってきました。これによって私はもう1段階上にいけそうな光が差してきた感じです。それを成功させ、私を頼ってきてくれるかたを救っていきたいと考えています。

 

私のこのサイト右上にある「メルマガ」から最新の「儲かる仮想通貨」、年収3000万円にした不動産投資物件、毎月30万円稼げるネットビジネスの「一流の情報」を受け取れます。少し前では、このメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、4億円にしたかたもいらっしゃいます。お金持ちの私が大金持ちのかたからもらっている、お金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を手に入れ続けたからです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にすれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れないと言われた田んぼ畑などの土地、建物、ボロボロのアパートを売る答えを見つけた」相続問題が専門の行政書士の私がお答えいたします

スポンサーリンク




検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆