公務員の時「1億円」増やした私が「お金の増やし方」をお教えします

行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE

相続した親の家を売るのがいいのか、賃貸で人に貸したほうがいいのか?公務員、会社員の方へ


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円をかせいでいました公務員ビジネスマン 天野浩史です

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収1000万円お金を増やせる仕組みを作らせています それが間もなく実現することができそうです

最近は小資本の10万円程度から始められ、「仮想通貨を使った投資」や「FXでプロにお願いして増やしてもら方法」など、一年で数十万、数年で数百万数千万円増やせる月利10%~20%の投資法がいくつか見つかりました。常にそれらと同じレベルの優秀な投資方法を探し続けています。2019年6月現在では4つほど見つかり、私と仲間で実践し、既に毎月120万円以上増やせています。そのため、仲間の一人は本業の年収200万円代ですが、一年以内に最低年収1000万円を超えるところまで来ました。この私の投資の実践記をこのサイト右上のMENUメルマガ登録」から受け取ることが出来ます。

今回は、私も両親がすでに亡くなってしまい、両親が住んでいた「空き家」をどうするかを考えたことがあります。「空き家」はそのままにしておくと、毎年固定資産税がかかってしまいます。また、傷んでくれば修繕費もかかりますし、庭などがあると、草取りなどの手入れも必要となりますのでとても維持が大変です。

私以外にもお困りの方が多いと思いますが、私の場合は「不動産投資」が得意ですし、信用のおける数少ない不動産会社を知っているのでその対応は容易です。

しかし、あなたのように「不動産投資」をしたことがないとか、「不動産投資」はしているものの人任せであまり実はよくわかってない方などは、相談できる不動産会社などがないと思います。

そのため今回は、私が実践した両親が住んでいた家の「空き家」をどうすべきか、「空き家」になってしまう前に行う「空き家対策」など、色んな視点で考えてみたいと思います。

同じ敷地内に自分の家と両親の住んでいた「空き家」が立っています。その場合の考え方

私の家は地方の田舎なので、都市と違い土地が安いです。そのため、同じ敷地内に両親の住んでいた現在の「空き家」と私の家が並んで建っています。

私の家は道路側で、両親の住んでいた現在の「空き家」はその奥になるため、切り売りすることが出来ません。なので、賃貸を考えたのですが、私の妻がそれは嫌であるとのことで、売るも貸すもできない状態になっています。

この場合どうしたらいいと思いますか?普通に考えると何ともなりませんね。そのままにしていると何十万という固定資産税が毎年かかってきてしまいます。 でも、さすがにこの場合は何ともならないと私も思いました

事務所やお店を引き払い、両親の住んでいた「空き家」で事務所とお店をすることにしてみた

ですが一つ思いついたことがあります。私自身が、店と行政書士事務所を始め、賃貸で借りていたので、それを引き払い両親の住んでいた「空き家」を事務所と店にしてみたらどうだろうと考えました。

私が借りていたのはショッピングセンターの一角でしたので、毎月の家賃が18万円くらいかかっていました。ですが、両親の住んでいた「空き家」を店舗と事務所として使用すれば、高額な家賃を払うことなく、「空き家の有効利用」もでき、「空き家」はよく人が住んでいないと傷んでくるというのも防ぐことができます

ですが、「ショッピングセンター」と「民家」では商売をするのにとても大きな差があります。それは「集客力」です。「ショッピングセンター」の場合は、お客さんが毎日頻繁に足を運んでくれるということが普通で、「集客」に苦労することは少ないのですが、自宅で行うとなるとそうはいきません。下手すれば、1月、1年待ってもお客さんが一人も来ないことだって考えられます。それでは生活できません。

そこで、私が考えたのは、私の代わりに「お金」「不動産」「自分以外の会社」に働いてもらうことです。これは従来、「不動産投資」としてやってきていましたが、それを更に拡大することです。

特に、「空き家」が売れない分、少なくとも、「毎年の固定資産税、都市計画税」と「修繕維持費」分をほかで稼がなくては現在よりマイナスになってしまいます。なので、信用できる不動産会社のかたと、金融機関のかたの協力で新たにもう一件「不動産投資」をすることにしました。

土地から購入して、アパートを建てるタイプの不動産投資です。幸い、アパートの完成から4か月で満室になることが出来ました。これで、両親の住んでいた「空き家」の税金は家賃収入の一部で賄えるようにできました。

 

「空き家」になってしまう前に行う「空き家対策」

住んでいる本人が、自分が亡くなった後のことを考えていることはあまり多くないと思います。また、切羽詰まって高齢になって、自分が動けなくなってから、子供の協力などで動き出すのが多いです。

ですが、意識しておけばあとに残される人たちも困らずに済みます。その一つが「いつでも売ったり、貸したりできる状態にしておく」ということです。地方の方で、両親と同じ敷地内に建てる場合は特に注意してほしいです。切り売りできるようにしておけば困りませんが、それができないと本当に困ることになりますので注意が必要です。

それさえできていれば、まず何とかなります。次に「税金、修繕費を残された人が支払わなくてもいい仕組みを作っておいてあげる」ということです。

これはどういうことかというと、例えば、「不動産投資」をして家賃収入が得られる仕組みがあるとか、株や生命保険などの「金融資産」を保有して引き継げるようにしておくとかです。

お金の管理を任せられる人が、子供にいない場合は「民事信託(家族信託)」を有効利用

ただ、「不動産投資」の場合、銀行に返済している最中だと、本人が亡くなったからといって返済を中断することはできず、亡くなった本人の銀行口座から降ろすことができないので、残された遺族で相続予定のかたが立て替えることになります

相続完了まで10か月以内に税務署に申告する必要があるのですが、もめてしまうといつまでたっても解決しませんので、亡くなった本人に代わって銀行への支払い、所得税税金の支払い、固定資産税の支払い、都市計画税の支払い、国民健康保険料の支払い、管理料の支払いなどで困ります。 なので、子供のことが信用できるならそれを見越した分を亡くなる前に、相続予定の人に現金で渡しておくのが良いと思います

ただ、難しいのは信用のできない子供の場合は難しいので、信用できる人に管理してもらう「民事信託(家族信託)」の方法がありますから、それをしておいたほうがいいでしょう。 相談先は「司法書士」です。

私も、「家族信託(民事信託)」を手掛けている信用できる「司法書士」がいますので、ご相談いただければご案内いたします。相談は無料です。料金が発生するのは、「民事信託(家族信託)」を開始した場合ですので、ご安心ください。

 

私のこのサイト右上にあるMENUからメルマガ登録」し、そのメルマガから2019年6月現在、私が毎日4万9千円、月に直すと147万円お金を手にしている「仮想通貨を使った投資情報」、年収3000万円にした「不動産投資物件情報」、私が実際に毎月30万円稼げるようになったビジネス情報、「お金持ちになるための思考」など「一流の情報」を受け取れます。

2018年にはこのメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、2億円にしたかたもいらっしゃいます。2019年では、私の主催するコミュニティのメンバー全員がお金を毎日増やし、私やメンバーの2人が、300万円投資しただけで、2019年5月現在で、既に7か月以上毎月150万円お金を増やし続けている情報の、経過と結果を公表しています。そのような月利10%、20%のものが現在4種類まで増えました。年利ではなくて月利です。私は、公務員の時には見つけることが出来ませんでしたが、大金を支払ってお金持ちの先生達に情報をいただけるようになった今ではできるようになりました。私の「メルマガ」でお伝えするのは私が常にお金持ちのかたからもらっている、私達がお金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を常にお金持ちの先生達から手に入れ続けているからだけなのです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にし、実践すれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れないと言われた田んぼ畑などの土地、建物、ボロボロのアパートを売る答えを見つけた」相続問題が専門の行政書士の私がお答えいたします

スポンサーリンク




  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆