公務員,会社員の味方

行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE【失敗しない不動産投資を実践】【公務員の時、副業の不動産投資だけで年収2000万円】【FX、株、仮想通貨などを実践】【私が主催するコミュニティ運営】【相続対策に強い行政書士】

公務員、会社員の「サラリーマン大家さん」が流行りで終わらせないために


公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円以上を稼いでいた公務員ビジネスマン 天野浩史です

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収1000万円お金を増やせる仕組みを作らせています それが間もなく実現することができそうです

最近は小資本の10万円程度から始められ、「仮想通貨を使った投資」や「FXでプロにお願いして増やしてもら方法」など、一年で数十万、数年で数百万数千万円増やせる月利10%~20%の投資法がいくつか見つかりました。常にそれらと同じレベルの優秀な投資方法を探し続けています。2019年6月現在では4つほど見つかり、私と仲間で実践し、既に毎月120万円以上増やせています。そのため、仲間の一人は本業の年収200万円代ですが、一年以内に最低年収1000万円を超えるところまで来ました。この私の投資の実践記をこのサイト右上のMENUメルマガ登録」から受け取ることが出来ます。

「リーマンショック」から8年以上経ち、安倍首相、日銀総裁の黒田総裁のもと、日経株価は上昇、大企業の業績も上昇、中小企業のかたにもボーナスが支給される会社も多くなりよい状況です。そのため「地価」も上昇し、「マイナス金利」を追い風に、会社員、公務員のサラリーマンのかたで「不動産投資」を始めた方が多いようです。サラリーマン大家っていうんですね。知りませんでした。

公務員や会社員のサラリーマンのかたが不動産投資を普通にやる世の中になるなんて、少し昔では考えられませんでした。本当に素晴らしいことだと思います。ネットで、ユーチューブなどの多くの情報発信者の情報も、私が見る限り、有名な方ほど、間違った情報が出てないなと言う感じがします。そして中には、なるほどと勉強になるものもあります。情報収集はとても大切ですね。あなたも参考にしてみてください。しかし、不動産投資をしている方の中でも、これは見過ごせないなと言うものもあります。それを今回はお話ししていきたいと思います。

公務員、会社員の「サラリーマン大家さん」が流行りで終わらせないために

「不動産投資」をあなたは順調に出来ていますか?私が、気になるのは大手の不動産投資物件を販売する不動産会社で「シノケン」「TATERU」などから購入した、サラリーマン大家さんです。「不動産投資」はみんなやっていますと言う情報を不動産投資物件を販売する不動産会社の営業マンや、インターネット、本などから得ていると思いますが、ここで大きな落とし穴があることを、誰もあなたに伝えていないのです。

なので、私がお伝えしたいと思うのが、確かにサラリーマン大家さんは多くなり、みんなやっているのですが「利益が出ている人と出てない人の差があまりに大きいという事実」です。どういう事かというと、ある方は、年収も1000万円くらいで、預貯金も700万円くらいあり、銀行の返済金利が、1.0%で安く、頭金も800万円くらい入れ、返済期間が30年と長く、7500万円の1K6戸のアパートを新築で大阪の市街地に購入できて、毎月の銀行への返済、管理費、税金などを差し引いても、10万円近くキャッシュフロー(手元に残るお金)があるかと思いきや、

条件はほとんど同じ物件で、別のかたは年収が500万円ほどで、預貯金が300万円ほどしかなく、銀行の返済金利が、ノンバンクで有名なオリックス銀行で2.4%と高い金利で、頭金を入れずフルローンで、返済期間が25年と短く、7500万円の1K6戸のアパートを新築で名古屋の市街地に購入し、毎月のキャッシュフローが2万円くらいになってしまう人もいるのです。マンションの不動産投資でもいえることですが、キャッシュフローが2万円しかないと、1部屋空いたら即アウトです。

この空室に対しては私の基準では3室空いても、銀行の返済が、残りの家賃収入で十分賄えることにしています。なので、私はどう転んでも手出しなんてしたことありません。要するに、「同じような物件」を大手の不動産会社は販売するものの、購入する方の収入、預貯金、頭金の額、銀行の金利によっては利益が全く異なるという事が起きるのです。この事実は注意してほしいですが、実際、「不動産会社」も「銀行」も「ネット」も「本」も「セミナー」も教えてくれません。

銀行の融資が通ったからと言って、あなたに不動産投資経営が大丈夫ですというお墨付きを出しているわけではありません

特に勘違いしやすいのは、「銀行」が原因な感じがしてなりません。融資を受ける側からすれば、銀行が融資をしてくれるという事は、返済するのに十分やっていけるという、お墨付きをいただいているように錯覚しやすいですが、それは全く間違っています。銀行の融資は、「収益評価」「積算評価」という決まった算定方法の何れかで決めていくため、それが通ってしまえば、融資はおりてしまうのです。しかし、この評価方法は机上での計算で、本当に事業として大丈夫なのかまで見ているわけではありません

なぜなら、不動産投資の事業が失敗したら、銀行としては担保でとったものを処分して回収すればいいからです。痛くも痒くもないのです。困るのはあなただけなのです。同じ職場の同じ収入の人が同じような不動産投資物件をてにしたとしても、その人にはもしかしたら、相続などで手に入れた預貯金が4000万円など豊富にあり、それを頭金に多く入れていたり、または、お金を使うことなくその4000万円を残したまま、不動産投資をやっているから、安心して不動産投資をやっている場合があります。

そうなると、手元にお金もなく、金利も高く、返済がきつい状態だとすると、金利の上昇、空室の発生などにより、家賃が減少。または、空き部屋が多いため、家賃保証の減額、打ち切りなどもあり、返済できなくなるかもしれないという、恐怖しかありませんよね。これでは明らかに「不動産投資は失敗」だと言えます。無理な返済計画かどうか誰も教えてくれません。「不動産投資」は開始するまでで、成功するか失敗かが決まってしまいます。よくよく勉強されたうえで、失敗せず、成功する「不動産投資」をするように気を付けてください。

 

私のこのサイト右上にあるMENUからメルマガ登録」し、そのメルマガから2019年6月現在、私が毎日4万9千円、月に直すと147万円お金を手にしている「仮想通貨を使った投資情報」、年収3000万円にした「不動産投資物件情報」、私が実際に毎月30万円稼げるようになったビジネス情報、「お金持ちになるための思考」など「一流の情報」を受け取れます。

2018年にはこのメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、2億円にしたかたもいらっしゃいます。2019年では、私の主催するコミュニティのメンバー全員がお金を毎日増やし、私やメンバーの2人が、300万円投資しただけで、2019年5月現在で、既に7か月以上毎月150万円お金を増やし続けている情報の、経過と結果を公表しています。そのような月利10%、20%のものが現在4種類まで増えました。年利ではなくて月利です。私は、公務員の時には見つけることが出来ませんでしたが、大金を支払ってお金持ちの先生達に情報をいただけるようになった今ではできるようになりました。私の「メルマガ」でお伝えするのは私が常にお金持ちのかたからもらっている、私達がお金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を常にお金持ちの先生達から手に入れ続けているからだけなのです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にし、実践すれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れないと言われた田んぼ畑などの土地、建物、ボロボロのアパートを売る答えを見つけた」相続問題が専門の行政書士の私がお答えいたします

スポンサーリンク




  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆