公務員,会社員の味方

元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意

地主さんほど間違えている「相続税対策」の「不動産投資」の考え方


公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。

今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収500万円お金を増やせる仕組みを作らせています 間もなく実現できそうです

地方にお住いの地主さんほど、「不動産投資」の考え方が間違っているかたが多いなと感じます。

何が間違っているのかを、今回は話していきたいと思います。

地方の地主さんたちのジレンマ

私が相談を受けている、多くの地主さんたちは、大金持ちのかたではありません。

昔から先祖代々受け継いできた、田んぼや畑を多く持つ方達です。

そんなかたの持っている広い田んぼや畑でも、住宅地の中にというか、もともと田んぼや畑しかなかった土地が売られ、次々と家が建ってきて、田んぼや畑が今も残っているというような状況です。

なので、昔は安かった田んぼや畑の値段が上がり、1坪(3.4㎡くらい)50万円くらいで売られています。

なので、1反(991㎡くらい)以上お持ちのかたばかりなので、売れば1億円以上にはなります。

でも、そんな土地でも、多くの地主さんたちは、昔からの土地のため、固定資産税などが高いのにも関わらず、田んぼや畑として売らずに維持しています。

確かに、親から引き継いできた土地なのですが、当然、この先日本の人口が減っていく中で、このままこの土地を維持していくのが、よいのでしょうか?

私も、少ないですが祖父から受け継いだ土地があります。

引き継いだものの使命としては、変わらずに繁栄させていくようにしなければならないと考えます。

どの地主さんも同じ考えだと思います。

そこで、何百時間考えた末に決めたことがあります。

今の土地は、アパートなどの事業で、債務などが無くなり、資金がある程度貯まった時点で、より収益性の高い土地にある物件を購入する資金を作る目的で、アパートを売るという事です。

私の答えは「変わらないために変わっていく」のが大切であると判断しました。

多くの地主さんは、今ある土地を何とかしたいと考えますが、何ともならない土地もあります。

また、今はアパートや老人施設でうまくやれていても、50年後は分かりません。

特に人口が減少している土地ならば、値段が高いうちに処分し、より立地のいい場所で事業をしていくことが必要です。

「アパート、マンション経営」は特に立地で勝負が決まります。また、施設に関しても立地がいいところのほうが人気があります。

なぜなら、ご家族が定期的に通いやすいところを望むからです。

まとめ

私が、見ている限り、先代のかたは、今の田んぼ、畑を残そうと必死になっていましたが、結局、相続を受けたご家族は相続税の支払いや、相続分配で売ることを決断しています。

先代の意図が全く実現されていない状況があるのです。

さらに、売ってしまうと、税金もかかり相続を受けた人たちの人数分で分けるので、手元にほとんど残らないという事が発生します。

本当の「相続税対策」は「早めに不動産投資などで、資産を増やしていく」ということです。

そうしないと、残っていかないのです。

「買い取れないと言われた田んぼ畑などの土地、建物、ボロボロのアパートを売る答えを見つけた」相続問題が専門の行政書士の私がお答えいたします


  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆