公務員,会社員の味方

元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意

成功しても失敗しても「自分がやりたいように生きる」ができれば後悔しない 


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。

今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収500万円お金を増やせる仕組みを作らせています それが間もなく実現することができそうです

成功しても失敗しても「自分がやりたいように生きる」ができれば後悔しない

あなたは自分の思った通りの生き方が出来ていますか?自分がやりたいように生きることが出来てますか?

私は今、自分の思った通りの生き方をしようと思い毎日必死に行動しています。

しかし、自分自身は問題ないのですが、周りのトラブルに巻き込まれ、意外にも自分が思った通りには進まないことが起きています。

思い通りに物事を進めるのは本当に大変なことですが、それでも、少しづつ進歩しているのは感じます。

私も小さい時には、自分が思った通りに何でも出来ると思っていましたが、生活ということを考えてしまうと、生活できないことを選ぶことは出来ないという現実があることを思い知らされました。

ですが、公務員をしていた時には、少しづつでも給料が上がったり、自分が昇格したり、部長から表彰されたりなどがあると、うれしいなと感じられていたので続けていました。

ですが、公務員や会社員のサラリーマンとして生きるのは、採用側からすると、ある意味、誰でもいいと思われていることや、自分がいなくても回っていくというのは明らかでしたので、自分の全力を公務員という仕事に傾けていて本当に、後悔しない人生が送れるのか?と感じていました。

自分しかできない事って何でしょう。

それは、公務員や会社員の場合は給料に頼らないと生活できないとか、年金に頼らないと生きていけないとかいう、普通の暮らしを求めるのではなく、今までにない物を世の中に送り出すことではないのか?と思うようになってきました。

今までにない物というのは、物でも、情報でもなんでもいいのです。

人が抱える悩み、不便だと感じることの改善、何でもいいのです。それを生み出すのが私の今後の目標にしていこうと考え、私は公務員を退職しました。

自分がやりたいように生きるには準備が必要です。それができれば、それを大きくしながら自分がやりたいように生きられます

自分がやりたいように生きるには、いきなり飛び出してしまうと多くは失敗してしまい、生活すら出来ないことになってしまいます。

ですが、自分がやりたいように生きるのは難しいことではありません。

自分が働かなくても、収入を得る仕組みを作って、給料の何倍もの収入が得られるようになってから、自分がやりたいように生きればいいのです。

私は最近、大学の後輩で中小企業の次期社長から、中小企業家同友会というのに参加してみたらどうか?との提案をもらいました。

のぞいてみると、製造業などで頑張っている企業が沢山います。モノ作りはとても大切なことです。

ですが、私が着目しているのは2点、製造業は景気に左右されやすい。情報産業に製造業は勝つことが出来ないということです。

あの日本では一流企業のトヨタでも、製造業である限り、グーグルには勝つことが出来ないのです。

自動運転の技術は情報産業なしには成り立たないのです。ということはどういうことかというと、日本は既に、アメリカ企業の下に入らされてしまっているのです。

日本が世界に勝つには、製造業をやっていても勝つことが出来ないのは明白です。

なので、私はネットビジネスや投資のスキルを磨いて、情報企業に対抗できるようにしようと考えているのです。

日本人一人一人がお金を増やすのが得意になって、そんな仲間で世界に対抗できたらいいなと考えています

日本人は頭は良いのに、投資などのお金を増やすことがとても下手な民族だと感じています。

それはアメリカによる情報操作を教育とテレビでされ続けてしまっているからです。

私が日本が世界に勝つには、日本人一人一人の金融の知識、金融リテラシーをつけることが最優先だっと感じています。

日本人一人一人がお金を増やす方法を身に着けていれば、お金で困ることはないのです、また景気の浮き沈みに左右されることはなくなります。

それがあったうえで、好きなように商売をすればいいのです。

商品が売れても売れなくてもお金が増やせる企業となれば、今までみんなが欲しかったのにも関わらず、採算が取れなかったので販売されなかったものでも販売できるようになるのです。

逆に、採算が取れない日本の伝統産業も永続させることが出来るのです。たくさん売れなくても、採算が取れなくても販売できる会社ってありますか?

ないですよね。

私はそれくらいの余力のある企業が増えてくれば、日本の経済も復興できると本気で考えています。

海外から見れば、既に日本は経済大国でもないですし、製造業でも世界一位でもありません。なんのとりえもない国になっています。

ですから、このまま昔の様に製造業を続けていても世界には勝てません。

まずはお金なのです。

私が最近日本も参考になるのではないかと思う国があります。

それがフィリピンです。日本の何倍も毎年の成長率が高く、なんとフィリピンという国が、仮想通貨についてバックアップしているほど、仮想通貨に力を入れています。

フィリピンは仮想通貨大国を目指しているようです。日本もそれをマネする必要があります。

現在訪れている革命は、通貨革命です。その仮想通貨を抑えようと考える国の判断力は素晴らしいです。

私が考える会社のポートフォリオ

私の会社の現在のポートフォリオは投資95%、ネットビジネス5%です。95%の投資の内訳は、不動産投資70%、企業投資20%、自己投資5%です。

ほとんど投資です。まずは会社自体がお金を増やすことができる様になるのが必要だと考え、会社自体が投資をしている形をとります。

これがなぜ大切なのかというと、銀行からの融資がうけられやすくなるからと、安定するからです。

事業というのは、必ずしも人を使って儲けるものである必要はないのです。また、人を使うと人件費、家賃などがかかってしまうため、お金がたくさん入ってもお金が沢山出ていってしまったら意味がありません。

なので、まずは不動産に働いてもらったり、自分以外の企業にお金を払って働いてもらうということが必要になります。

それが出来てしまえば、次も銀行から融資をしてもらって、増やしていくのです。

お金が入る流れを創り、うまく経営が出来ていれば銀行は次もお金を融資してくれるのです。

というものを一つの収入の柱でつくりつつ、沢山のお金が入ってくれば、次は自由に商売ができます。

それが儲かろうが、儲からないものだろうが、関係なくやれます。なぜなら、既に安定したお金が入ってきているからです。

その時に儲かる商売を考えたのなら、既に銀行は融資してくれる体制になっているので、融資を受けてやることが可能です。

融資を受ければ、そのお金のおかげで事業が加速していきます。

個人でも会社でも、レバレッジと複利で増やしていくという感覚はとても大切です。

会社が小さくてもちゃんとお金を増やすことが出来ていれば、あとは投資するお金を増やすだけで、大きく事業を回せ、お金も植えていくのです。

ですから、事業が大きくてもあまり儲かっていないのなら、見直す必要があるでしょう。

ミニマムの状態でお金が増やせていなければ大きくなってもお金は増やせません。

私は最終的には、私の会社のポートフォリオを投資50%、ネットビジネス、情報提供25%、他社に販売権のない製造物販25%にしていきたいと考えています。

まとめ

● 自分が思った通りに、自分がやりたいように生きることが出来なければ、必ず後悔します。失敗しても、成功しても人生は一度きりです。

守るべきものがあるのなら、それを守った形で自分がやりたいように生きることができるようにすることも可能です。

また、守るものが無ければなおのこと自分がやりたいように生きるようにしていけばいいのです。

● 自分のやりたいように生きるには、それで収入が得られる必要があります。

また、自分がやりたいことではないけれど、それで収入を得ることが出来れば、自分のやりたいように生きることも可能になってきます。

私の場合は、不動産投資でそれを実現しました。

● 日本人一人一人が、投資やネットビジネスなどの、自分だけの力でお金を手に入れられる方法を身に着け、自分がやりたいように生きることが出来る人が増えてほしいと願っています。

あなたが成功するために必要だと思う最新情報をメルマガで提供してます

このサイト右上にあるMENUから「メルマガ登録」し、そのメルマガから私が公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円にし、2019年11月現在、年収4000万円にした「不動産投資情報」私の主催するコミュニティメンバーが成功している「仮想通貨」「FX」などでお金を増やす情報。私がどんどん収入を増やせている理由「お金を増やすための思考」を受け取れます

土地、建物で「売れずに困った」を「解決」できる不動産会社があった


検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆