公務員,会社員の味方

行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE【不動産投資の成功者】【公務員の時、不動産投資だけで年収2000万円】【FX、株、仮想通貨を実践】【コミュニティ運営】【相続対策に強い行政書士】

「自然災害」による「経済破綻」しないために日本がなるべきは「金融大国」です


公務員の時に、防犯、災害対策に携わっていました、行政書士で投資家の天野ひろしです。

自然災害で経済破綻

千葉県で甚大な被害が発生し、長期間の停電が起きました。今でもそこら中で洪水や地震も発生しています。

大きな災害が起こると、日本の経済をマヒさせ、多くの企業の工場の再開が長期に渡って出来なくなることが、たびたび起きています。

東北地震の時には、数年かかって、多くの借金をしながら再開した工場が沢山あります。

また、海外においても、洪水で日本企業の工場が動けなくなり、部品を調達できず、製品が作れなくなることもありました。小さな部品一つが無いために関連工場での製造がストップするのです。

災害が起きた時に、こういったことが起きるのは仕方ないのですが、それによって、日本経済が破綻するようなことにならない対策が必要だと考えます。

日本がいつも災害で経済破綻の危機に陥るのは、経済にばかり頼っているせい

私は、今ではシンガポールやマレーシア、フィリピンに住んでいる、お金持ちの方と交流できるようになり、その方たちからの情報だと、日本は製造業に頼りすぎているということを聞きます。

日本は過去に経済大国だった時期がありましたが、それは製造業でとても儲かっていたからです。しかし、中国を始め諸外国での製造技術が向上し、日本の経済大国は既に過去のものとなっています。

なので、経済大国だったころの日本の利益は製造頼りのままでは苦しくなっています。そんな利益が減ったままの状態で、今後起きる大災害に対応できるのでしょうか?

私は諸外国に見る、日本がかつての経済大国並みの大国にする方法は、日本は「金融大国」になることだと考えます。

金融大国になることが、日本を災害からの破綻から救うのだと思う

諸外国、特にシンガポールと香港があれほど繁栄しているのは、金融に力を入れているためです。

金融というのは、製造がないため災害による影響はほとんどありません。金融はお金を運用して、お金を増やし、そのお金を増やすことが出来る多くのお金持ちを優遇することで、国の財政を豊かにしていく方法をとっているのです。なので、シンガポールや香港は日本よりもはるかに豊かになっています。

 

 

 

 

 


検索

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆