公務員の時「1億円」増やした私が「お金の増やし方」をお教えします

行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE

北朝鮮「ミサイル」が繰り返し発射されているが、日本を攻撃してこない北朝鮮の「本心」とは


朝鮮半島の動向を研究し続けている、行政書士で投資家の天野ひろしです。

北朝鮮のミサイルの発射実験が近年頻繁に繰り返されていますが、北朝鮮はミサイルで日本を攻撃してくるのでしょうか?それは、攻撃してきません。その理由。

ところで、北朝鮮の正式名を知ってますか?朝鮮民主主義人民共和国

北朝鮮は、朝鮮民主主義人民共和国と言います。なんかこの言葉を聞いて変な感じがしませんか?「民主主義」って入ってますよね。日本も民主主義ですが、民主主義の国って本当に大丈夫なのでしょうか?

北朝鮮がミサイルで日本に今後攻撃してこない理由。それは、金正恩氏ががいいから

私が思うのは、正恩(キムジョンウン)氏の在位中は、日本にミサイルなどで攻撃してくることはないと考えています。理由は、彼が頭がいいからです。

彼は、日本やアメリカに意を持っていません。彼が狙っているのは、自分の権威の維持だけです。

それではなぜ北朝鮮はミサイル発射実験を繰り返しているのかというと、日本やアメリカに一方的に有利にさせない交渉力をつけるためにミサイル実験を繰り返し行っているのです。

何も武器を持たない丸腰では、やられてしまうだけです。ですが、性能の高いミサイルを持つことで、相手の言われるがままにはならないように出来るのです。

これ以上に北朝鮮が日本を攻撃してこない理由がある。それは、日本が北朝鮮のミサイルを「探知できませんでした」という報道です。

もし、あなたが戦争が目の前に起きそうな緊張感がある中だとして、敵に自国の欠点や弱みを知らせるような報道をするでしょうか?普通はしません。

その視点で考えてみると、最近実際に報道された、「日本が北朝鮮のミサイルを探知できませんでした」と報道させるでしょうか?させませんし、普通は相手に分からないように秘密にします。

ですが、ネット上でそれが報道されているわけです。ということは、ミサイル実験に対する機感が無いと考えられます。

ロシア、中国に対する防衛力の強化つでに、北朝鮮も

だとすると、陸上配備型イージスシステム「イージスアショア」の配備はどういうことでしょうか?

これは、ロシア、中国に対する防衛の強化であって、北朝鮮や韓国に対するものではないと考えています。また、北朝鮮の実験中の未完成のどこに落ちるか分からないミサイルが変な場所に落下することも想定してのことだと感じます。

という、ロシアや中国も、表向きは社会主義、共産主義ですが、上層部はリッチな生活を維持できればいい感じで、戦争を強く考えているようには見えなくなりました。

以前のプーチン氏のロシアは侵略を繰り返していましたが、少し大人しくなっています。とはいえ、フィンランドなど徴兵制を再開した国も数多くあります。

防衛費も使われずにもったいないと思いますが、防衛費は攻撃されないために必要なのでしょう。

 

 

 

 

 


検索

人気記事はこちら

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆