公務員の時「1億円」増やした私が「お金の増やし方」をお教えします

行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE

「消費税」増税の混乱また発生 誰も明かさない「消費税」増税の「本当の理由」はご存知ですか?


公務員の時に、事件、事故を担当していました行政書士で投資家の天野ひろしです。

2019年10月に消費税が8%から10%に増税されることで、お店では混乱が起きているようです。コンビニ最大手のセブンイレブンでは、先日電子マネーの「セブンペイの中止」で世間をお騒がせしましたが、今度は、「消費税の計算方法の変更の事前周知」がされずに、買い方によって金額が数円異なってくるという混乱をしているようです。

企業の負担を国民の負担に切り替えたのが今回の消費税の増税

ところで、消費税の増税はあなたは何のために行われたのかご存知でしょうか?一般的には、消費税が8%から10%に上げることで、福祉や子育ての分野の資金に使ったり、現在1000兆円を超えていると言われる国の借金を返済していくためだと聞いてませんでしょうか?

実際は、以前変更された、企業の法人税を引き下げることが決まりましたが、その法人税の引き下げ多分の穴埋めとして、今回の消費税増税分は使われます。なので、直接的に、福祉や子育て、借金の返済には使われないのです。

では、なぜ国は法人税の引き下げの穴埋めのために消費税を使うかというと、日本国民のほとんどは、企業が稼いだお金で生活しているから、企業が少しでも元気になってもらわないと、国として回らないからです。

消費税増税の本当の理由を聞いて、ご立腹のあなたも、会社に勤めて、企業からもらう給料で生活しているので文句は言えないのです。会社から給料がもらえなくなると、消費税の増税どころの問題ではなくなります。

それは公務員でも一緒です。公務員は企業が払う税金で食べさせてもらっているのです。

消費税の増税は、結局どこからお金を払ってもらうかを変更させたものにすぎません。今回は企業から国民に負担を変更したということです。

消費税の増税は、収入の少ない庶民のための増税ではない。お金持ちのための増税なのです。

企業の負担を国民の負担に切り替えたというのも、まだ実は表の顔です。今回の消費税増税の真実は、お金持ちのための増税なのです。

資本主義の原理はこうです。「多くの負けがあるから、勝ちがある」ということです。この場合の負けは「国民」勝ちは「企業」ということです。

この場合の「企業」とは、会社のオーナー、株主、それから税収が得られる国ということになります。要するに、国民は負けさせられたということです。

ですが、負ける国民もいけないのです。なぜなら、その悪いと思っている企業が稼いだ、税金で生活の一部がまかなわれているのですから。負けるのが嫌なら、今すぐ自分でお金を稼げる力を身につけましょう。

 

 

 

 

 

 

 


検索

人気記事はこちら

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆