普通の公務員だった私が投資で1億円稼いだ方法で、あなたをお金の不安から救いたい

投資 ビジネス「公務員ビジネスマン天野浩史」OFFICIAL BLOG SITE

不動産投資で「障がい者向け賃貸住宅」を検討しているあなたへ


公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円以上を稼いでいた公務員ビジネスマン 天野浩史です

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収1000万円お金を増やせる仕組みを作らせています それが間もなく実現することができそうです

最近は小資本の10万円程度から始められ、「仮想通貨を使った投資」や「FXでプロにお願いして増やしてもら方法」など、一年で数十万、数年で数百万数千万円増やせる月利10%~20%の投資法がいくつか見つかりました。常にそれらと同じレベルの優秀な投資方法を探し続けています。2019年6月現在では4つほど見つかり、私と仲間で実践し、既に毎月120万円以上増やせています。そのため、仲間の一人は本業の年収200万円代ですが、一年以内に最低年収1000万円を超えるところまで来ました。この私の投資の実践記をこのサイト右上のMENUメルマガ登録」から受け取ることが出来ます。

私は、行政書士として「相続税対策」の相談を受けている中で、田んぼや畑をお持ちの方から、「障がい者向け賃貸住宅」は、普通のアパート経営よりもいいのか?というご質問をいただきました。

私は、公務員として福祉の現場で6年間、身体障がい者のかた、精神障がい者のかた、その施設の指導などや、障がい者のかたの公営住宅での生活の見守りもしてきた経験があります。それに加え、私は、アパート、高齢者住宅の検討もしてきた経験があるので、そこら辺の不動産会社よりも良いアドバイスができます。

それでは、今回は「障がい者向け賃貸住宅」についてお話をさせていただきます。

「障がい者向け賃貸住宅」ってなに?

障がい者向け賃貸住宅」の名前の通り、障がいのあるかたが生活する住まいのことです。そして、障がい者住宅で、需要のあるのは、中度、重度の障害があるかた向けのものです。

ですが、アパート経営の代わりに検討する場合の「障がい者向け賃貸住宅」の場合は、軽度の障がいのある方向けのものです。

軽度の障がいのある方とは、どれくらいの状況のかたかというと、一人で生活できたり、一般企業に障がい者枠で就職できたりという方がほとんどです。

この場合、療育か身体の障がいのあるかたになります。 療育と精神の障がいの分けは実は難しいこともあるので、判断は難しいです。

 

「障がい者向け賃貸住宅」ってどうなの?

障がい者向け賃貸住宅」のいいところは、福祉の面で考えると、とても素晴らしい事業だと思います。

以前の障がいのあるかたへの対応は血が通った対応であったかというとそうではないことが多く、障がいのあるかた本人から見るととても満足のいくものではなかったと思います。

しかし、昨今の障がいのある方への対応がとてもよい業者さんが増えているので、障がいのあるかたに対する接しかたなどで心配するところは少ないと思います。

 

「障がい者向け賃貸住宅」は不動産投資という事業としてはどうなのか?

ただし、事業としてはどうかというと、とてもよく考えないといけない点があります。まずは、「障がい者向け賃貸住宅」は思った場所には建てられない可能性があります。

それはどういうことかというと、住宅地の近くに「障がい者向け賃貸住宅」を建てるという話がでると、既にくらいしている住民からかなりの高い確率で反対を受けます。

その建設地近くに、地主であるあなたが住んでいると、みなさんから建設しないように周りの住民から言ってこられることが多いようです。

私が、公務員をしていた時は、その住民の声で、「障がい者向け賃貸住宅」の建設を中止になったものを数多く見ています。障がいの程度が重度になるほど反対の声が上がっていた感じがあります。

住宅地から離れているところにひっそりと「障がい者向け賃貸住宅」を建てるのが多いのはそのためです。

なので、「障がい者向け賃貸住宅」を勧める不動産会社は、アパート建設に不向きな土地に「障がい者向け賃貸住宅」を勧めてくるわけです。

確かに、ここまで見ると、アパートを建てるのに不向きで、相続税対策に困っている地主さんには、救世主のように思えますが、大きなデメリットがあります。

 

「障がい者向け賃貸住宅」を行う上での最大のデメリット

それは、「障がい者向け賃貸住宅」を運営してもらう事業者次第であることや、運営できる事業者が少ないこと、そして、施設で働きたいと考える人が少ないということです。

なので、アパートの場合なら、他に事業者を探せばいくらでも出てきますが、福祉に関する「障がい者向け賃貸住宅」の事業は特殊で、儲からないため、運営してくれる事業者を探すのに苦労をすることが多いのです。

なので、事業がうまくいかず、運営事業者がいないと、収入が入って来なくなるので、銀行への返済が出来なくなる恐れが出るのをよく考えてから決断をすべきだと考えます。

 

まとめ

●「障がい者向け賃貸住宅」は人間として素晴らしい事業である。

●「障がい者向け賃貸住宅」は、運営事業者がいないと経営できない。その運営事業者は数が少なく、従業員もやりたいという人が少ないことから、運営を任せた事業者がうまくいかなかった時の代わりがなかなか見つからないこともあるので注意が必要

 

私のこのサイト右上にあるMENUからメルマガ登録」し、そのメルマガから2019年6月現在、私が毎日4万9千円、月に直すと147万円お金を手にしている「仮想通貨を使った投資情報」、年収3000万円にした「不動産投資物件情報」、私が実際に毎月30万円稼げるようになったビジネス情報、「お金持ちになるための思考」など「一流の情報」を受け取れます。

2018年にはこのメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、2億円にしたかたもいらっしゃいます。2019年では、私の主催するコミュニティのメンバー全員がお金を毎日増やし、私やメンバーの2人が、300万円投資しただけで、2019年5月現在で、既に7か月以上毎月150万円お金を増やし続けている情報の、経過と結果を公表しています。そのような月利10%、20%のものが現在4種類まで増えました。年利ではなくて月利です。私は、公務員の時には見つけることが出来ませんでしたが、大金を支払ってお金持ちの先生達に情報をいただけるようになった今ではできるようになりました。私の「メルマガ」でお伝えするのは私が常にお金持ちのかたからもらっている、私達がお金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を常にお金持ちの先生達から手に入れ続けているからだけなのです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にし、実践すれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れないと言われた田んぼ畑などの土地、建物、ボロボロのアパートを売る答えを見つけた」相続問題が専門の行政書士の私がお答えいたします

スポンサーリンク




  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆