公務員,会社員の味方

元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意

アパート経営で「ついでに稼げる太陽光発電」利回り、メリットは?


副業の不動産投資だけの年収が2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです

退職した現在は、副業の不動産投資だけでも年収4000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。

今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収500万円お金を増やせる仕組みを作らせています 間もなく実現できそうです

アパート経営、ついでに稼げる太陽光発電。利回り、メリット【利回り計算】

実際やってみると分かるのですが、天気によって収入がものすごく変わってきます。

毎年5月か6月が一番収入が多く、2月が一番少ない時期になります。

10月でも台風が多く、晴れの日がすくないと、一番少ない2月くらいの収入になってしまいます。

私の場合、1年の内一番収入の多い月、5月に36万円くらい売電収入があり、少ない月、2月の売電収入は13万円くらいになります。年間平均すると、一か月22万円になります。

実際の私の太陽光収入で表面利回り計算をします。

【表面利回り計算】

42円20年間、2800万円分の太陽光発電設備、毎月平均22万円で年間264万円

売電収入年間264万円、太陽光発電設備2800万円

264万円÷2800万円×100=9.42%(表面利回り:年利)

同じ条件で、現在の単価20円ならどうなるかですが、売電収入は半分なので

売電収入年間132万円、太陽光発電設備2800万円

132万円÷2800万円×100=4.71%(表面利回り:年利)

太陽光発電は、今から始めるかただと以前より利益が少ないのですが、既に投資をされていて収入を上げたり、アパートのついでに余力があるかたには、いい投資です。

太陽光発電事業でも、世界で見てみると、ソーラーパネルを使うのではなく、たくさんの鏡で太陽の光を一点に集めて、その熱でタービンを回して発電させるようなものもあります。

一般に日本では3種類です

● 戸建ての屋根にのせて、収益を得るもの。

● 野建てと言われる、地面に直接設置して収入を得るもの(ニュースでもよく報道されていた、メガソーラーと言われる事業。

● アパートの屋根にのせる太陽光発電事業。

アパート経営、ついでに稼げる太陽光発電。利回り、メリット【利益の多くなる屋根の形状】

2009年ころ国が、太陽光発電にものすごく積極的だった時期がありました。

当時不動産投資初心者の私でもそのことを知っていたので、不動産会社で、アパートを建てる際についでに太陽光発電をしたいと担当者に伝えました。

しかし、回答は建物の強度的に太陽光発電用のソーラーパネルをのせることはできないという回答でした。

そんなに屋根が弱いということでしょうか。何を言っても駄目のようで、あきらめていました。

2009年ころの単価は42円で20年間の保証です。これ以上高くなるのか、よい条件が出るのかは分かりませんでしたが、太陽光発電は不労収入ですのでやるしかないと考えていたのに、とても残念でした。

今からやる方は、単価が20円で、さらに11円くらいまで下がるようです。十分余力のある方が設置してください。

当時、太陽光発電のパネルをアパートの屋根に載せるにあたって親戚の息子さんと意見が分かれたことがあります。

親戚の息子さんは、アパートの屋根の形状は、寄棟屋根にすべきであると言ってました。

理由はアパートを借りる人からいると、寄棟の屋根が人気だからということでした。当時の私は、不動産投資をしていない初心者なので、そうなんだと素直に思っていました。

そして、その息子さんが先導して、寄棟屋根のアパートを建築しました。

そして、アパート収入と、太陽光発電収入の2つを得ようとして、その寄棟の屋根にのせました。

その実際の寄棟です

そして、その息子さんが言った通りの寄棟の屋根に太陽光発電のパネルが載った状況を見てみると、屋根の形状が三角で、太陽光発電のソーラーパネルが四角なために、太陽光発電パネルの隙間から中途半端に屋根が見えるという、とてもかっこ悪い結果になってしまいました。

更に、寄棟のアパートの屋根は建築コストが高いのです。それでいて、太陽光パネルを載せると無駄なスペースが発生し、収益が下がるのです。

まだあります、寄棟屋根の太陽光発電の最大のデメリットとして、「出力の少ない面に、出力の多い面が引っ張られ、トータルで出力が下がる」という現象が起きます。

上の写真だと、面積の大きな左側の屋根が一番発電量が多い時に、右側の小さなパネルの発電量が少ないのですが、その少ない発電量に、大きな発電量が引っ張られ、トータルで発電量が落ちるのです。

寄棟屋根の場合、パネルを載せると見た目が悪い上に、施工も手間でお金がかかり、電気収入が減るというデメリットもあるのです。

平らな屋根ならもっと太陽光発電パネルをたくさん載せることができたのに、かなりの無駄が生じてます。

切り妻屋根なら、見た目はいまいちですが、出力も問題なく、発電効率も良いのです。

フラットの屋根なら、太陽光発電パネルがほとんど見えないので、見た目の印象が良く、出力も問題なく、発電効率もよいです。太陽光発電はトータルで計画していかないといけません。

息子さんの切り妻屋根のアパート

私の所有するフラット屋根です

そんなやり取りがあったおかげで、私のアパートの屋根の形状は一番安いフラットのタイプにし、いつでも太陽光発電パネルが載ってもいいようにしておき、実際に載せることが出来ました。

アパート経営、ついでに稼げる太陽光発電。利回り、メリット【太陽光パネルを設置したら、市区町村に「償却資産」の申請が必要】

太陽光発電のソーラーパネルは、動産です。

なので、設置に関して、固定資産を扱っている市区町村の窓口が担当する、「償却資産」に該当しますので、設置したら、必ずあなたのお住いの市区町村の窓口に相談してください。

というと、税金をたくさん納めることになるので、なんかいやだなと思われるかもしれませんが、「償却資産」と言って、物には使える年数が限られています。その限られた年数を、国が決めた年数のことです。

太陽光発電パネルは1年や2年で使えなくなるものではありません。使えるうちはたしかに、動産の価値としてあるので、その分の税金の対象になってきます。

しかし、不動産投資の付属物として、税金の控除が受けられます

いちばんまずいのは、償却資産の届け出をしないために、あとで、納税の請求がきて、初めから申告しておけば、控除で引けたはずの金額が、引けずにまるまる税金を払うことにならないように注意しましょう。

アパート経営、ついでに稼げる太陽光発電。利回り、メリット【太陽光発電は、動産のため金融機関から融資が受けづらい。融資を受けるには?】

黒田総裁の、マイナス金利政策の効果で、金融機関は不動産投資に積極的に融資してくれるようになっていますが、実は上記のとおり、太陽光パネルは動産であるため、銀行によっては、積極的に融資してもらえないところもあります。

それどころか、マイナスとしての評価もする銀行もあります。ではどうしたらよいのでしょうか?

それは、「日本政策金融公庫」を利用することです。

日本政策金融公庫は、国の政策についてとても協力的であることから、クリーンエネルギー事業である、太陽光発電についても好意的です。

ただし、融資してもらえる上限が2000万円くらいなのと、返済期間がどんなに長くても15年くらいになるので、今から不動産投資のついでに、太陽光発電事業を検討する方は、十分資金に余裕がある方が好ましいです。

アパート経営、ついでに稼げる太陽光発電。利回り、メリット【金利を下げるため、アパートと太陽光発電の融資の借換えをやってみた】

金利が高く、融資期間が短いと、なかなか利益になりません。購入して3年経ったところで、借り換えをしてみました。

当初は、アパートの利息が1.8%、太陽光発電の利息が2.0%くらいであったのが、アパート0.85%、太陽光も0.85%に借り換えができたので、最終的に数百万円の利益になったことになります。

なので、少し高いかなと思われる方は、借り換えをするのがいいのですが、借り換えは結構手間なものです。それさえ乗り越えられれば、数百万円のプラスなのですから、やったほうがいいです。

わたしが借り換えをしたのは、まだ、マイナス金利政策が行われる前でした。 今なら、余計に借り換えがしやすいのではないでしょうか。

銀行は、利益を多く出せて、返済も確実な信用できるかたに、融資したいと考えています。

金融機関のかたと、良いおつきあいをして、よい条件の融資をいつでもしてもらえる人になりましょう。

そのためには、不動産投資以外の本業の収入が大切になってきます。不動産投資の収入が少なく、それだけで生活している人には、次の融資はしてもらえません。

しかし、不動産投資の収入が無くても、十分な収入があれば必ず金融機関としても、融資したいなと思ってもらえます。

まとめ

●  デメリット:太陽光発電事業は、今からやると2009年ころより利益は少ない。屋根形状の問題で寄棟屋根のアパートは切り妻屋根や平らな屋根に比べ利益が少なくなる。

● メリット:切り妻屋根や平らな屋根を使えば、同じ土地面積で更に収入が入るので、資金に余裕のある方はやってみてもいいです。

●  屋根の形状だけで、トータル数百万円の差が出てくる。

●  太陽光発電事業をするなら、日本政策金融公庫で相談するとよい。

●  融資がおりても、金利が高いのであれば、2年くらいの収入実績、本人自身の収入実績とともに借り換えをしましょう

あなたが成功するために必要だと思う最新情報をメルマガで提供してます

このサイト右上にあるMENUから「メルマガ登録」し、そのメルマガから私が公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円にし、2019年11月現在、年収4000万円にした「不動産投資情報」私の主催するコミュニティメンバーが成功している「仮想通貨」「FX」などでお金を増やす情報。私がどんどん収入を増やせている理由「お金を増やすための思考」を受け取れます

公務員が「儲かるアパート」を選び,年収2000万円と成功した実例

土地、建物で「売れずに困った」を「解決」できる不動産会社があった


検索

人気記事はこちら

まだデータがありません。

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆