公務員の時「1億円」増やした私が「お金の増やし方」をお教えします

行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE

「不動産投資を失敗」する致命的な理由「1億円」稼いだ元公務員の私が明かします


公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円をかせいでいました、行政書士で投資家の天野ひろしです

退職した現在は、副業の不動産投資だけでも年収3000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。

不動産投資が初めての方が気を付けること

私が「不動産投資」の勉強を始めたころは、本当に何も知らないど素人でした。どれくらいド素人だったかというと、アパートを購入するために銀行がお金を貸してくれるということすら知らなかったのです。

そのため、今思えばあの時の人の好さそうな不動産会社の営業のおばちゃんとかは、私にとても大切なリスク欠点などを十分話してないどころか、隠そうとしていたことを思い出します。

人は疑ってはいけないと思うかもしれませんが、「不動産投資」においては本当に騙され、需要なことを隠されますので、それを見極めるのは初めての方には本当に大変なことです。

もちろん私のような「不動産投資」を成功させている人に聞くのが、「不動産投資」の成功には近道になるのは間違いないですが、全てを人任せにしてはいけません。自分自身が成長しなければ、不動産投資において本当の成功は出来ないと思います。まずとにかく半年は集中して知識を身に着け、色んな不動産会社と接触するのが必要です。

そのほとんどが、口が達者な売るのが一流の不動産会社の営業マンたちです。 本当にどの人も人柄もよく、マナーが最高です。でも、どの人もあなたの利益より、あなたに「不動産」をほとんど騙すぐらいの勢いで買わせて、利益を得ている人ばかりです。あなたには利益は少ししか入りません

あなたが会うことになるほとんどはそんな人達ですから、絶対に買わないようにして、不動産投資の勉強だけしてください。比較は最低30社ぐらいを最低比較していくと、だんだん一番いい物が出てきますので、そこからが本当のスタートです。

くれぐれもそれだけで購入を決めてはいけません。優良な不動産会社の提案する不動産と比較してみて下さい。明らかにあなたが手にする利益が段違いに違うのが分かるはずです。

大手の不動産会社の不動産投資物件がどれだけ、利益の少ない不動産投資物件であるかよくわかると思います。あなたへの利益の多いお宝物件が手に入るまで決してあきらめないでください。あきらめて利益少なく、あなたが幸せになれない利益の少ない不動産投資物件を手に入れないように気を付けてください。

公務員、会社員が「不動産投資で失敗」してしまうケースについて話します。

公務員だからおこる、不動産投資トラブル

一流企業の会社員公務員は、銀行側から見ると、とても信用力が高くお金を貸してもいいかなと思われる職業になります。つまり、とてもお金を貸してもらいやすい、融資してもらいやすいということです。ただ、それ故に不動産投資で失敗してしまうトラブルも出やすいということがあります。それはどういうことかと言うと、

公務員の不動産投資の失敗例

不動産会社側から見た場合、一流企業の会社員や公務員は、銀行から融資を受けやすいことを知っているため、一流企業の会社員や公務員で、不動産投資をやりたいというかたは、上客であるのです。

そのため、不動産会社はどうするかというと、不動産会社は、仲介手数料のパーセンテージは、お客さんが購入した物件に対して、決まってしまっているので、1件で、なるべく多くの利益を得たいために、無駄に高額な投資物件を進めてきます

公務員のお客さんに、銀行からお金を出してもらえる、購入される方の利益は少ないけれど、不動産会社自身の利益は最大値の金額の物件を進めてきます。 なので、不動産会社が考えているのは、お客さんの幸せや、お客さんの利益のためではなく、お客さんが銀行からいくら出してもらえるのかしか、不動産会社の利益のことしか考えてません

不動産会社は、銀行がお客さんに、融資してくれる最大値の金額に会う物件を進めてきます1億円の融資が受けられるお客さんに、優良な1,500万円の物件があっても、それをすすめないということです。なので、1億円するのに、そこそこの利益しか出ない物件であっても、1億円の物件を進めることがあるので注意です。

一流企業の会社員はともかく、公務員が不動産会社から、特にカモにされやすい原因

一流企業の会社員はともかく、公務員は、そもそも投資やビジネスをやったことがほとんど無いため、「不動産投資」という事業に関するリスクに対しての、対策をするスキルが全くありません。なので、不動産会社が情報弱者である公務員うまいこと言って、購入者に利益の少ない不動産投資物件を買わせることが多いのです。

「不動産投資」で不動産会社の営業マンやコンサルタントにだまされないためには

なので、あなたの利益を考えない、不動産会社の営業マンやコンサルタントにだまされないためにはどうしたらよいかというと、まずは、を読んだり、不動産投資セミナーなどで勉強したり、セミナーや、WEBで不動産投資の失敗談を聞くところから始めるといいと思います。

それらを実行し、自分自身の不動産投資の知識をつけることによって、悪い不動産会社も、下手なことは言えなくなるので、悪い不動産会社から、カモにされなくなります。 ただし、勧誘などはしつこくあると思われますが、くれぐれも買わないようにしてください。

もう一つ、公務員の場合、給料が安定して入ってくることにより、「危機感が薄い」ために、不動産投資の収入に無頓着になりやすいということがあり、利益が少ない、よくない物件でも満足してしまうという傾向が強いように感じます。

そうするとどうなるかというと、空室が出たときでも、ある程度なら自分の稼いだ給料で払えてしまう甘さから、自腹で払ってしまうことが多くなってしまい、利益が出せませんこれではいい投資とは言えません。

いい投資は利益がきちんと出て、儲かるなという感じに必ずなりますので、もっと投資をしたいという気持ちになるものなのです。そんな気持ちになれないのは、いい投資物件ではない可能性があります。

儲かる投資とはどんな投資なのかを知ったうえで、自分の目の前の投資物件との差が分れば、儲かる不動産投資物件がわかるようになるのでだまされないようになるのです。

見た目の立派なアパート、マンションのほとんどは、あなたを幸せにする物件ではない 不動産投資で成功するのは利益の多い物件を買う必要があるのです

冒頭のところで、大手の不動産会社の販売する物件のことを儲からない不動産投資物件といいましたが、それはそれは立派な外観、内装の物件です。それの何が「儲からない不動産投資物件」なのかというと、あなたに残る「利益」が少ないことです。

利益があるのは、安く借りられる入居者と、高く売り抜けた大手の不動産会社だけです。あなたの利益は少ないばかりか、長期の支払いを押し付けられる形になります。

アパート経営」、「不動産投資」はあくまでも「事業」なのです。趣味や遊びではないのです。あなたが一番利益が多くならないといけないはずなのに、大手の不動産会社から買う不動産投資物件のほとんどはあなたから、利益を奪う不動産投資物件なのです。

あなたが本来沢山の得るべきだった利益を奪うのは大手の不動産会社です。意見の中に、大手で買えば安心だからその安心料で利益が薄いのは仕方ないじゃないですか。ということを言う方もいます。

その通りだと思いますが、それをあなたが購入するときには、大手の不動産会社の営業マンは絶対にあなたにとって利益が少ないですよなんて絶対に言いません。売れればその営業マンに100万円単位の報酬が入るのですから。買い手の気持ちなんて微塵も考えていないのです。

その事実を知ったうえでも、あなたが大手の不動産会社で買うというのなら、仕方ありませんが、利益はかなり奪われることだけよく覚えておいてください。そんな利益の薄い物件も、大手の不動産会社からでなければ、もっと多くの利益をあなたは手に入れられるのです。

不動産投資物件の場合1000万円単位ですので、例えば1億円の物件だと、大手の不動産会社から買うだけで数百万円から1000万円以上は最低利益をあなたが奪われることになります。

 

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れない」田んぼ畑などの土地、建物、古いアパートを売る答えを発見。相続専門の行政書士の私が答えます

スポンサーリンク




  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆