普通の公務員だった私が投資で1億円稼いだ方法で、あなたをお金の不安から救いたい

投資 ビジネス「公務員ビジネスマン天野浩史」OFFICIAL BLOG SITE

お金がない。支払いが滞り、借金ばかり増えていく。40代の低所得世帯、年収300万円未満が大幅に増加。お金を増やす方法教えます


公務員の時に副業の不動産投資だけで、年収2000万円以上稼いでいた、公務員ビジネスマンの天野浩史です

現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収1000万円お金を増やせる仕組みを作らせています それが間もなく実現することができそうです

最近は小資本の10万円程度から始められ、「仮想通貨を使った投資」や「FXでプロにお願いして増やしてもら方法」など、一年で数十万、数年で数百万数千万円増やせる月利10%~20%の投資法がいくつか見つかりました。常にそれらと同じレベルの優秀な投資方法を探し続けています。2019年6月現在では4つほど見つかり、私と仲間で実践し、既に毎月120万円以上増やせています。そのため、仲間の一人は本業の年収200万円代ですが、一年以内に最低年収1000万円を超えるところまで来ました。この私の投資の実践記をこのサイト右上のMENUメルマガ登録」から受け取ることが出来ます。

今の世の中、高学歴であれば必ずお金持ちになれるわけではないです。また、高学歴でなくてもお金持ちになれる可能性はありますし、今の時代なら結構簡単だと思います。しかし、そういったお金を増やすことや、お金を増やす情報が入ってこない人にとっては大変な時代になっています。なぜ、こんなことになっているかというと、労働ではお金が稼げない時代になってしまったからです。なので、昔のようなお金を稼ぐ方法はいくらでもあったときのままでいると、お金に困ってしまうのです。

今からの時代は、お金を稼ぐよりお金を増やす方法をまず身に付けて行かなければならないのです。それさえできれば、労働収入が例え少なくても、お金で困るということは起きないのです。お金が無いときの、お金の増やし方をお伝えしていきます。実際に私が実践したことや、実践していることですので参考になると思います。

厚生労働省発表

厚生労働省の発表によると、ここ20年間で40才代の年収300万未満の低所得世帯の割合が、5%も増えているようです。これに対し、本来収入が少ない65歳以上の世帯の、年収200万円~500万円の世帯の割合は、6%増加しているとのこと。社会保障が65歳以上に手厚く、現役世代に恩恵が少ないという結果であるように思えます。結果お金がないので、支払いが滞り、借金ばかりが増えてゆく世帯が多いようです。

なので、厚生労働省としては、現役世代の社会保証制度の充実を検討していかないといけない、とある。しかし、私は現役世代も、65歳以上世帯も社会保障制度を充実させるのは反対です。社会保障で皆が救われるというのは考えが甘すぎます。

社会保障制度が充実したところで、お金が無く、毎月の支払いに追われ、借金が増えていくような世帯を、お金に困らないようにできるわけがないのです。そのために日本政府が力を入れないといけないのが、お金を稼ぐことが出来る日本人をつくっていく教育だということです。

大切なのは義務教育の時から、お金の増やし方の教育を日本人に受けさせることが必要

国としては、税金の範疇でしか対策を打とうとしていません。実は国は、投資と徴税以外のお金の増やし方を知らないのです。国自体は、立場上、商売ができないのです。唯一あなたの年金を、2019年ならりそな銀行とアメリカの投資会社に運用してもらって増やしてもらっているのです。なので、国自らがお金の増やし方を教育できないのです。だから、国民が稼げなくて、国も国民も困っているのです

そのため、法人税を引き下げて、国の代わりに会社に働いてもらい、税収を増やそうとしているのです。国は大きな組織なので、細かいことに目が回らないので、会社単位での対応しかできていませんが、実はその先である個人の自立の力が本当は必要なのです。

国は会社単位でしか目が届かず、法人税として会社から税金を集めることしか考えていないので、会社に稼いでもらうために、国の教育として会社が喜ぶ従業員を育てることに力を入れています。よって現在の教育は、会社に採用されやすい人を作るような教育になっていると言えます。国の教育は労働者を育てる教育であって、経営者や投資家を育てる教育ではないので、結果、お金を稼げない人があふれている。ということです。

本当に必要なのは会社単位ではなく、個人一人一人がお金を稼ぐという教育

また、社会保証が無くても、自立して収入が増やせる、お金を大切に使う教育が必要であると考えます。そもそも、幼児教育、義務教育、高校、大学とどこにおいてもお金の稼ぎ方を国としては教えていない。

自立し、お金を稼いでいく教育をしていないから、40才代の人は、どこかの企業、官公庁に頼って、給料をもらうことしかできていない現実がある。政府としてやるべきことは、今までの教育をする前に、お金を増やすためにどうすればよいのかを教えるべきです。

自立して働ける能力とは、決して高い能力が必要なわけではありません。それ以外の教育はその次であるべきです。日本において、お金を稼ぐことは悪いことのような考えが多い。なので、義務教育時点からのお金の教育が全くされていません。もう、きれいごとは言ってられませんし、そもそもその考えは間違っているので、そろそろ目を覚ましましょう。

国の借金1000兆円の原因は、お金の教育の不足と、社会保障の充実のせいであると思います。お金が稼げない国民を育ててしまっているので、国も国民も負のスパイラルに陥る心配に一生悩まされるのです

負のスパイラル

「大学を出て就職した」⇒「給料安い」⇒「独立するノウハウがないので安い給料で我慢する」⇒「失敗してクビになった」「会社が倒産した」⇒「条件のいい会社で働けないから、給料の安い場所でしか働けない」⇒「より、お金に困ることになる」貧困の格差は、国がお金の教育ができてないことにあるのです。もう、国に頼るのはやめませんか?

今の時代、東大へ行けば安泰でもないですし、大企業へ入れればお金持ちになるわけではありません。東大に入っても、東大出身の平均年収は700万円でしかなく、もちろん定年後は月に20万円くらいの年金暮らしです。

少ない資金からお金を増やす方法

私が年収300万円以下なら、まずは支出を減らします。それは、アパートに住むのをやめて家賃を払わないでいいようにします。可能なら1万円代の公営住宅か、知り合いの家に借り住まいが必要だと思います。

それから車や電車、バスに乗らないようにします。徹底的に支出を抑えないと絶対に無理なのです。そして出来たお金を元手に、「株式投資」「FX」「仮想通貨」に進みたいのですが、少なくとも、スマホが無いとそのいずれもできません。今ならスマホ代は月に8000円くらいでしょうか。

それが出来てやっと、「仮想通貨」や「株式投資」「FX」をしていくのですが、それぞれ最低10万円は私はいると考えます。それさえ用意できれば、あとは値上がりするものにお金を入れるだけです。必ず「安い時に買って、高くなったら売る」ようにしてください。結構それがみんなできてません。

原因は、仮想通貨で値上がりし、1億円とかになってしまうと、税金が何千万円にもなってしまうからです。ですが、利益を出すためには必ず売らないとお金にならないのです。株式投資でも同じです。また、税金は1億円稼げてしまうと、5500万円の所得税を払わないといけませんので、お金が出来ても納税するまではお金を使わないようにする必要があります。

まとめ

● お金を増やす方法というのは、お金がある人でも、無い人でも同じです。お金があれば色んなお金の増やし方がありますが、お金がないと方法が限られてくるというだけのことです。お金を増やす方法が無いという訳ではありません

● 私がお金がないときにお金を増やす方法を選ぶなら「株式投資」今の時代なら「仮想通貨」です。ですが、いずれも時間がかかるということだけ覚えておいてください。時間はかかりますが、仮想通貨でも株式投資でも、売ったり買ったりするのではなく、安い時に買って2、3年持っているだけで価格が上昇するのです。もちろん価格が上昇する価値のある仮想通貨を買わなくてはダメです。価値のある仮想通貨さえ買うことが出来れば、お金は必ず増えるのです。

● 時間がかかるし、お金が目減りすることを見てしまうと諦めてしまい、せっかくのチャンスをものにできないことが多いようです。お金を増やす投資は「時間」を味方にすれば誰でも勝てるのです。無理のない資金でやるようにしてください。

 

私のこのサイト右上にあるMENUからメルマガ登録」し、そのメルマガから2019年6月現在、私が毎日4万9千円、月に直すと147万円お金を手にしている「仮想通貨を使った投資情報」、年収3000万円にした「不動産投資物件情報」、私が実際に毎月30万円稼げるようになったビジネス情報、「お金持ちになるための思考」など「一流の情報」を受け取れます。

2018年にはこのメルマガの情報の中の、仮想通貨の情報から、50万円投資し、2億円にしたかたもいらっしゃいます。2019年では、私の主催するコミュニティのメンバー全員がお金を毎日増やし、私やメンバーの2人が、300万円投資しただけで、2019年5月現在で、既に7か月以上毎月150万円お金を増やし続けている情報の、経過と結果を公表しています。そのような月利10%、20%のものが現在4種類まで増えました。年利ではなくて月利です。私は、公務員の時には見つけることが出来ませんでしたが、大金を支払ってお金持ちの先生達に情報をいただけるようになった今ではできるようになりました。私の「メルマガ」でお伝えするのは私が常にお金持ちのかたからもらっている、私達がお金持ちになる情報です。

私がお金持ちになれたのは「一流の情報」を常にお金持ちの先生達から手に入れ続けているからだけなのです。その私が手にしている「一流の情報」をあなたも手にし、実践すれば「お金持ち」になれるのです

普通の公務員だった私が「お金持ちになった理由」である「儲かる不動産投資物件」を売ってくれる会社は「アスライフ」です 公務員、会社員のあなたへ

「買い取れないと言われた田んぼ畑などの土地、建物、ボロボロのアパートを売る答えを見つけた」相続問題が専門の行政書士の私がお答えいたします

スポンサーリンク




  • 成功の秘訣

    「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」

    (勝木 光著:ベイビーステップより)

     

    「一を聞いて十を知るよりも一を聞いて一をすぐにやる」(鑑真)

    検索

検索

このサイトについて

自分に合ったお金の増やし方の助けになればと思います。

成功するためには、水面下でものすごい努力が必要です。

その努力の度合いで成功の量も多かったり、少なかったりが決まります☆